WTAツアー公式戦の「オーバーエスターライヒ・レディース・リンツ」(WTAインターナショナル/オーストリア・リンツ/10月7~13日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)の女子シングルス1回戦で、土居美咲(ミキハウス)は第1シードのキキ・バーテンズ(オランダ)に4-6 5-7で敗れた。試合時間は1時間36分。

 今大会に3年ぶり3度目の出場となった28歳の土居は、予選2試合を勝ち抜き本戦入り。前回プレーした2016年は初勝利を挙げたあと、2回戦でマディソン・キーズ(アメリカ)に2-6 0-6で敗れていた。

2019年海外ツアー日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 この結果でバーテンズは、土居との対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。初対戦だった2013年1月のシドニー(WTAプレミア/ハードコート)の予選は土居が6-3 6-0で、2017年5月のニュルンベルク(WTAインターナショナル/クレーコート)の準決勝では土居の途中棄権でバーテンズが勝っていた。

 バーテンズは2回戦で、アリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)と対戦する。バン ウィトバンクは1回戦で、ラッキールーザーで本戦入りしたイザリン・ボナボントゥー(ベルギー)を6-3 6-2で下しての勝ち上がり。

※写真はUSオープンでの土居美咲(ミキハウス)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU


This article is a sponsored article by
''.