中国・上海で開催されている「ロレックス上海マスターズ」(ATP1000/10月6~13日/賞金総額832万2885ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)がデニス・シャポバロフ(カナダ)を6-3 6-3で下し、3回戦に進出した。

 1回戦をBYEで免除されていた第1シードのジョコビッチは、シャポバロフに対する対戦成績を3勝0敗とした。彼は昨年の上海から始まって先週の楽天ジャパンオープンを含め、いまやアジアで連続「22セット」を取ったことになる。

「この大会での過去の成績、そして僕のキャリアにおけるアジアの連戦での成績、そうした多くの成功によって僕が感じるプレッシャーは通常より低いよ。ここでは最高のパフォーマンスができるという、より大きな自信を持っているからね」とジョコビッチはコメントした。

 ジョコビッチの次の対戦相手は、第16シードのジョン・イズナー(アメリカ)だ。

 第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)は先週のチャイナ・オープンで優勝した勢いを維持し、予選を勝ち上がったパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)を7-6(3) 6-3で下した。ティームは次に、第15シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)と対戦する。バシラシビリはこの日、ブノワ・ペール(フランス)を6-4 1-6 6-1で倒して勝ち上がった。

 先週の楽天ジャパンオープンでジョコビッチに敗れて準優勝だったジョン・ミルマン(オーストラリア)は今大会1回戦でギド・ペラ(アルゼンチン)を破ったあと、2回戦でアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に2-6 0-6で敗れた。これはミルマンにとって、ジャパンオープン予選から数えると9試合プレーして2度目の敗戦となった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はノバク・ジョコビッチ(セルビア)
SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 09: Novak Djokovic of Serbia hits a backhand against Dennis Shapovalov of Canada in the second round of the Rolex Shanghai Masters at Qi Zhong Tennis Centre on October 09, 2019 in Shanghai, China. (Photo by TPN/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.