ATPツアー公式戦の「ロレックス上海マスターズ」(ATP1000/中国・上海/10月6~13日/賞金総額832万2885ドル/ハードコート)の男子シングルス3回戦で、第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第1セットでの5つあったセットポイントを凌ぎ、第13シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を7-6(7) 6-4で倒してベスト8に駒を進めた。

 この結果でフェデラーは、ゴファンとの対戦成績を10勝1敗とした。ふたりは今シーズンだけで3度対戦しており、そのすべてでフェデラーが勝利をおさめたことになる。

 ストレート勝ちという結果にも関わらず、フェデラーはこの日の試合をコントロール下に置いていたとは感じていなかった。「ダビドに対する今日の試合では、一度も本当の意味で自分が優勢だとは感じられなかった」とフェデラーは振り返った。

「彼は多くの正しい決断を下していたし、彼のフットワークは超スピーディーだった。そのせいで僕にとって、ベースラインからのウィナーやフリーポイントを取ることが本当に難しくなっていたんだ」

ロレックス上海マスターズ2019|PHOTOアルバム

 フェデラーは金曜日の準々決勝で、第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフはこの日最後のナイトマッチで、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)を6-0 7-6(4)で退けた。

 この試合でのズベレフは、第2セット5-3から自分のサービスゲームを迎えていた。しかし彼はそこで試合を決めることができず、勝負をタイブレークに持ち込まれた。

 より早い時間帯の試合では、前年度覇者で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第16シードのジョン・イズナー(アメリカ)を7-5 6-3で下して準々決勝に勝ち進んだ。イズナーは敗れたものの、この試合で今季1000本目のサービスエースを刻んでいた。

「彼のサービスをリターンすることは、常に大きなチャレンジだよ」とジョコビッチはコメントした。「彼は史上最強のサーバーのひとりだ」。

 ジョコビッチは次のラウンドで、第6シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。チチパスはこの日、ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)に7-5 3-6 7-6(5)で競り勝った。

 そのほかの試合では、第3シードのダニール・メドベデフ(ロシア)が予選勝者のバセック・ポスピショル(カナダ)を7-6(7) 7-5で、第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が第15シードのニコラス・バシラシビリ(ジョージア)を6-3 6-4で、第10シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)が第7シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)を6-3 7-5で、第11シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)は第8シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を7-6(5) 6-4で破り、それぞれ8強入りを決めた。

 準々決勝では、メドベデフがフォニーニと、ティームはベレッティーニと対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はロジャー・フェデラー(スイス)
SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 10: Roger Federer of Switzerland celebrates his victory over David Goffin of Belgium in the Rolex Shanghai Masters at the Qi Zhong Tennis Centre on October 10, 2019 in Shanghai, China. (Photo by TPN/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.