ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「ゴーセンカップ スウィングビーチ 牧之原国際レディースオープンテニストーナメント」(ITFワールドテニスツアーW25/静岡県牧之原市・静波リゾート スウィングビーチ/10月7~13日/賞金総額2.5万ドル/砂入り人工芝コート)の大会5日目は、女子シングルス準々決勝4試合と女子ダブルス準決勝2試合が行われた。

 シングルスは、第1シードのパウラ・バドーサ(スペイン)、第5シードの本玉真唯(島津製作所)、第8シードの牛島里咲(マサスポーツシステム)、華谷和生(三浦工業)がベスト4に進出。準決勝では、バドーサが本玉と、牛島は華谷と対戦する。

 シード勢が4強を独占したダブルスでは、第1シードのエウディス・チョン(香港)/アルディラ・ストジアディ(インドネシア)が第3シードの鮎川真奈(エームサービス)/本玉を6-2 7-6(9)で、第2シードの林恵里奈(福井県スポーツ協会)/小堀桃子(橋本総業ホールディングス)は第4シードの奥野彩加(フリー)/小関みちか(橋本総業ホールディングス)を6-1 7-6(5)で破り、決勝はトップ2シードの対戦となった。

 この日は決勝も終える予定だったが、チョン/ストジアディから6-7(5) 4-3となった時点で降雨により中断し、順延されることが決まった。

 10月12日(土)は台風の影響を考慮し、試合を行わないことが決定した。大会最終日の10月13日(日)は10時00分から、女子シングルス準決勝2試合と単複の決勝が行われる予定。

2019年 女子国内国際大会表彰写真|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

女子シングルス準々決勝

○1パウラ・バドーサ(スペイン)[1] 6-1 4-6 6-1 ●8林恵里奈(福井県スポーツ協会)[6]

○16本玉真唯(島津製作所)[5] 6-2 6-1 ●11エウディス・チョン(香港)

○19華谷和生(三浦工業)7-5 1-6 7-6(4) ●24波形純理(伊予銀行)[3]

○25牛島里咲(マサスポーツシステム)[8] 7-6(4) 6-1 ●30本藤咲良(マサスポーツシステム)

女子ダブルス決勝

1エウディス・チョン/アルディラ・ストジアディ(香港/インドネシア)[1] 6-7(5) 4-3 順延 16林恵里奈/小堀桃子(福井県スポーツ協会/橋本総業ホールディングス)[2]

女子ダブルス準決勝

○1エウディス・チョン/アルディラ・ストジアディ(香港/インドネシア)[1] 6-2 7-6(9) ●5鮎川真奈/本玉真唯(エームサービス/島津製作所)[3]

○16林恵里奈/小堀桃子(福井県スポーツ協会/橋本総業ホールディングス)[2] 6-1 7-6(5) ●12奥野彩加/小関みちか(フリー/橋本総業ホールディングス)[4]

※写真は女子シングルス準決勝に進出した第8シードの牛島里咲(マサスポーツシステム)
写真提供◎牧之原国際女子オープンテニス実行委員会


This article is a sponsored article by
''.