ATPツアー公式戦の「ロレックス上海マスターズ」(ATP1000/中国・上海/10月6~13日/賞金総額832万2885ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、ほぼ無敵とみられていたノバク・ジョコビッチ(セルビア)とロジャー・フェデラー(スイス)がともに敗れる波乱が起きた。

 フェデラーとジョコビッチはこれまで、ふたり合わせると13回に渡って上海の準決勝以上に進出していた。

 第2シードのフェデラーは第2セットで5つのマッチポイントを凌いだが、それでも第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が6-3 6-7(7) 6-3で勝つことを阻むことはできなかった。前年度覇者で第1シードのジョコビッチは、第6シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)に6-3 5-7 3-6で敗れた。

ロレックス上海マスターズ2019|PHOTOアルバム

「彼は勝利に値する」とジョコビッチは試合後に21歳のチチパスを称えた。「彼は第2セットと第3セットで僕よりもいいプレーをしていた。僕は第1セットでいいスタートを切ったけど、それほどシャープなプレーをしていた訳ではなかった」。

 ジョコビッチはこれまで上海での準々決勝で8勝0敗という戦績を誇っており、4度優勝を遂げていた。フェデラーもまた、これ以前の準々決勝では5勝0敗だった。

 この試合でのフェデラーは、ボールをスタンドに打ち込んだことで警告を受けた。さらに彼は第3セット0-3の際にボールを空中に跳ね上げたことにより、スポーツマンらしからぬ行為でペナルティとして1ポイントを失った。

 試合後にこのポイントペナルティについて尋ねられたとき、フェデラーは詳細には触れたがらなかった。

「だからツイッターに書けるっていうことか?」とフェデラーは答えた。「いや、テニスについて何か素敵なことを書く方がいい。次の質問をどうぞ」。

 ズベレフは今、フェデラーとの対戦成績で4勝3敗とリードを奪った。

「若い選手たちは今、ドアを叩いている」とフェデラーは語った。「これは、わくわくすることだ。彼らは素晴らしい選手たちだ。この大会のラストスパートは、今や皆にチャンスがある本当にオープンな戦いとなる」。

 22歳のズベレフは準決勝で、23歳のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦する。第11シードのベレッティーニはこの日最後の試合で、第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を7-6(8) 6-4で破って4強入りを決めた。


This article is a sponsored article by
''.