ATPツアー下部大会の「NORTHBAY HEALTHCARE 男子プロ選手権」(チャレンジャー100/アメリカ・カリフォルニア州フェアフィールド/10月7~13日/賞金総額10万8320ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第4シードのダニエル太郎(エイブル)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した18歳のブランドン・ナカシマ(アメリカ)に6-7(5) 6-7(5)で競り負けた。試合時間は1時間53分。

 今大会に日本勢で唯一出場したダニエルは、初戦となった2回戦でワイルドカードのブランドン・ホルト(アメリカ)を6-1 6-4で、3回戦では第16シードのマキシム・クレッシー(アメリカ)を1-6 7-6(2) 6-3で破って8強入りを決めていた。

2019年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

日本人選手の結果

シングルス準々決勝

●17ダニエル太郎(エイブル)[4] 6-7(5) 6-7(5) ○27ブランドン・ナカシマ(アメリカ)[WC]

シングルス3回戦

○17ダニエル太郎(エイブル)[4] 1-6 7-6(2) 6-3 ●24マキシム・クレッシー(アメリカ)[16]

シングルス2回戦

○17ダニエル太郎(エイブル)[4] 6-1 6-4 ●19ブランドン・ホルト(アメリカ)[WC]

シングルス1回戦

17ダニエル太郎(エイブル)[4] Bye

※写真は楽天ジャパンオープンでのダニエル太郎(エイブル)
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA

This article is a sponsored article by
''.