大学テニスの日本一を決める団体戦「2019年度全日本大学対抗テニス王座決定試合(男子73回/女子55回)」(愛媛県松山市・愛媛県総合運動公園テニスコート/10月10~14日/ハードコート)は大会最終日を迎え、男女の決勝と3位決定戦が行われた。

 男子決勝は第1シードの早稲田大学(関東地区第1)が第2シードの慶應義塾大学(関東地区第2)を6勝3敗で、女子決勝は第1シードの筑波大学(関東地区第1)が第3シードの関西大学(関西地区第1)を3勝2敗下し、それぞれ優勝を果たした。

 3位決定戦は、男子が第4シードの関西大学(関西地区第2)、女子は第2シードの慶應義塾大学(関東地区第2)が勝利をおさめた。

 大学王座は地域リーグを勝ち抜いた男女各10校が集い、男子は複3、単6の計9ポイント、女子は複2、単3の計5ポイントのトーナメント制で団体戦を戦った。

2019年度全日本大学対抗テニス王座決定試合|トーナメント表

※大学名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、丸数字は学年

男子決勝

1早稲田大学(関東地区第1)[1] 6-3 10慶應義塾大学(関東地区第2)[2]
(複 1-2、単 5-1)

D1 ●古賀大貴④/安上昂志④ 4-6 5-7 ○福田真大④/今村昌倫③
D2 ○島袋将④/千頭昇平③ 6-3 6-7(5) 6-3 ●川島颯③/羽澤慎治②
D3 ●高村佑樹④/田中優之介③ 6-1 4-6 4-6 ○田中隆輔③/佐々木健吾②
S1 ○島袋将④ 3-6 6-2 6-2 ●今村昌倫③
S2 ○白石光① 6-0 6-4 ●羽澤慎治②
S3 ○千頭昇平③ 6-3 6-2 ●福田真大④
S4 ●田中優之介③ 3-6 4-6 ○甲斐直登④
S5 ○木元風哉③ 6-3 6-2 ●成耀韓②
S6 ○藤井颯大③ 3-6 7-5 6-1 ●伊藤竹秋①

男子3位決定戦

関西大学(関西地区第2)[4] 5-4 近畿大学(関西地区第1)[3]
(複 2-1、単 3-0)

D1 ○島田達也④/高村烈司④ 2-6 6-2 6-2 ●西岡航④/田口涼太郎①
D2 ○山尾玲貴③/松田康希① 4-6 6-3 7-6(4) ●中屋敷勇人①/河野甲斐①
D3 ●上曽山拓実④/塩井岳③ 7-5 5-7 3-6 ○高木修④/恒松優也④
S1 ○山尾玲貴③ 5-7 6-2 7-6(4) ●松田龍樹②
S2 ●松田康希① 3-6 3-6 ○松本樹④
S3 ●大植駿① 6-7(4) 3-6 ○恒松優也④
S4 ○大野翼③ 6-3 6-0 ●合田健人④
S5 ●高橋勇人② 6-7(6) 3-6 ○市川凌輔③
S6 ○島田達也④ 5-7 6-4 6-3 ●田口涼太郎①

女子決勝

1筑波大学(関東地区第1)[1] 3-2 6関西大学(関西地区第1)[3]
(複 1-1、単 2-1)

D1 ●千村もも花③/草野京香① 2-6 3-6 ○大野菜々子③/鈴木理子②
D2 ○我那覇真子②/阿部宏美① 5-7 7-5 6-3 ●中塚桃子③/中村天音①
S1 ○阿部宏美① 6-7(5) 6-3 6-3 ●沈清河④
S2 ●岩井真優④ 4-6 7-6(7) 1-6 ○鎌田琴衣④
S3 ○千村もも花③ 6-4 1-6 6-1 ●大野菜々子③

女子3位決定戦

5姫路大学(関西地区第2)[4] 1-4 10慶應義塾大学(関東地区第2)[2]
(複 0-2、単 1-2)

D1 ●堺愛結③/田中菜冴美① 3-6 1-6 ○佐藤南帆①/永田杏里①
D2 ●宮田杏香③/西本聖良① 3-6 5-7 ○末野聡子②/平田歩②
S1 ●藤原夕貴④ 0-6 4-6 ○永田杏里①
S2 ●西本聖良① 2-6 1-6 ○平田歩②
S3 ○堺愛結③ 6-4 5-7 6-3 ●中村礼④

画像: 女子優勝の筑波大学(撮影◎BBM)

女子優勝の筑波大学(撮影◎BBM)

※トップ写真は男子優勝の早稲田大学
撮影◎BBM

This article is a sponsored article by
''.