ITF(国際テニス連盟)の女子ツアー下部大会「Hooper Accountants トゥーンバ国際」(ITFワールドテニスツアーW25/オーストラリア・クイーンズランド州トゥーンバ/10月7~13日/賞金総額2.5万ドル/ハードコート)の女子シングルス決勝で、ノーシードから勝ち上がってきた岡村恭香(橋本総業ホールディングス)は第1シードのマディソン・イングリス(オーストラリア)に1-6 6-4 1-6で敗れた。試合時間は2時間4分。

 今大会での岡村は、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のイザベラ・ボジシェビッチ(オーストラリア)を6-1 6-2で、2回戦で第6シードの大前綾希子(島津製作所)を6-1 6-4で、準々決勝でベリンダ・ウールコック(オーストラリア)を6-3 6-3で、準決勝では第3シードのオリビア・ロゴウスカ(オーストラリア)を6-4 6-4で破って決勝進出を決めていた。

 ダブルスでは荒川晴菜(アオヤマスポーツ)/松田美咲(亜細亜大学)がノーシードから決勝に勝ち上がり、アビー・マイヤーズ(オーストラリア)/ウールコックに6-7(2) 3-6で敗れて準優勝となった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

上位の試合結果

女子シングルス決勝

○1マディソン・イングリス(オーストラリア)[1] 6-1 4-6 6-0 ●27岡村恭香(橋本総業ホールディングス)

女子シングルス準決勝

○1マディソン・イングリス(オーストラリア)[1] 6-1 6-2 ●14荒川晴菜(アオヤマスポーツ)

○27岡村恭香(橋本総業ホールディングス)6-4 6-4 ●24オリビア・ロゴウスカ(オーストラリア)[3]

女子シングルス準々決勝

○1マディソン・イングリス(オーストラリア)[1] 7-5 6-1 ●7アリソン・ベイ(オーストラリア)

○14荒川晴菜(アオヤマスポーツ)5-7 6-4 6-3 ●10アレクサンドラ・ボジョビッチ(オーストラリア)

○24オリビア・ロゴウスカ(オーストラリア)[3] 6-3 2-6 6-2 ●19ヌニダ・ルアンナム(タイ)

○27岡村恭香(橋本総業ホールディングス)6-3 6-3 ●29ベリンダ・ウールコック(オーストラリア)

女子ダブルス決勝

○14アビー・マイヤーズ/ベリンダ・ウールコック(オーストラリア)7-6(2) 6-3 ●4荒川晴菜/松田美咲(アオヤマスポーツ/亜細亜大学)

女子ダブルス準決勝

○4荒川晴菜/松田美咲(アオヤマスポーツ/亜細亜大学)6-3 6-3 ●5梶谷桜舞/岡村恭香(ロブテニスアカデミー/橋本総業ホールディングス)[3]

○14アビー・マイヤーズ/ベリンダ・ウールコック(オーストラリア)7-6(3) 3-6 [10-4] ●9アレクサンドラ・ボジョビッチ/アンバー・マーシャル(オーストラリア)

※写真は昨年の全日本選手権での岡村恭香(橋本総業ホールディングス)
撮影◎宮原和也 / KAZUYA MIYAHARA


This article is a sponsored article by
''.