WTAツアー公式戦の「BGL BNPパリバ・ルクセンブルク・オープン」(WTAインターナショナル/ルクセンブルク・ルクセンブルク/10月14~20日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、第4シードのアンナ・ブリンコワ(ロシア)/加藤未唯(ザイマックス)がシャロン・フィッチマン(カナダ)/ヤナ・シジコバ(ロシア)を2-6 7-5 [10-7]で倒し、初戦を突破した。試合時間は1時間28分。

2019年海外ツアー日本人選手:女子|PHOTOアルバム

 加藤とブリンコワは、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。前週の天津(WTAインターナショナル/ハードコート)に日比野菜緒(ブラス)とのコンビで臨んだ加藤は、準優勝を果たしていた。

 シングルスに第8シードで参戦しているブリンコワは、この日行われた1回戦で15歳のコリ・ガウフ(アメリカ)を6-4 6-0で破っていた。

 ブリンコワ/加藤は準々決勝で、ガウフ/キャサリン・マクナリー(アメリカ)と対戦する。ガウフ/マクナリーは1回戦で、土居美咲(ミキハウス)/二宮真琴(エディオン)を6-3 6-7(5) [10-5]で下しての勝ち上がり。

※写真は昨年の珠海の大会での加藤未唯(ザイマックス)
ZHUHAI, CHINA - NOVEMBER 03: Miyu Kato of Japan and Makoto Ninomiya of Japan in action against Xinyu Jiang of China and Zhaoxuan Yang of China during their women's doubles match on day 5 of the 2018 WTA Elite Trophy Zhuhai at Hengqin Tennis Center on November 3, 2018 in Zhuhai, China. (Photo by Zhe Ji/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.