WTAツアー公式戦の「VTBクレムリン・カップ」(WTAプレミア/ロシア・モスクワ/10月14~20日/賞金総額103万2000ドル/室内ハードコート)の女子シングルス準々決勝で、第3シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)が第1セットのタイブレークでふたつのセットポイントを凌いだ末に予選勝者のキルステン・フリプケンス(ベルギー)を7-6(8) 6-1で下し、WTAファイナルズ出場にまた一歩近づいた。

 この日は最後の一席をめぐるレースのライバルである第2シードのキキ・バーテンズ(オランダ)がクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)に4-6 6-2 1-6で敗れたため、ベンチッチの初出場への希望がさらに大きくなった。

2019年WTAツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 もし土曜日の準決勝でベンチッチがムラデノビッチを倒せばセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を追い抜き、中国・深圳で開催されるシーズン末のトップ8によるエリート大会の出場権を得ることになる。

 一方、いまやバーテンズがファイナルズ出場を望むには、少なくともひとりが棄権しなければならなくなった。

 そのほかの試合では、アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)がベロニカ・クデルメトワ(ロシア)との地元勢対決を7-6(5) 7-5で制し、カロリーナ・ムチョバ(チェコ)は第8シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)を6-3 6-4で退け、勝ち上がった両者が準決勝で対戦することになった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は武漢の大会でのベリンダ・ベンチッチ(スイス)
WUHAN, CHINA - SEPTEMBER 24:Belinda Bencic of Switzerland returns a shot during the match against Veronika Kudermetova of Russia on Day 3 of 2019 Dongfeng Motor Wuhan Open at Optics Valley International Tennis Center on September 24, 2019 in Wuhan, China. (Photo by Tao Zhang/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.