ATPツアー公式戦の「エルステ・バンク・オープン」(オーストリア・ウィーン/10月21~27日/賞金総額243万3810ユーロ/室内ハードコート)の男子ダブルス1回戦で、ルーク・バンブリッジ(イギリス)/マクラクラン勉(日本)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したセバスティアン・オフナー/トリスタン サミュエル・ワイスボルン(ともにオーストリア)を6-2 6-4で破り、初戦を突破した。試合時間は56分。

 今年8月にチームを結成したマクラクランとバンブリッジのコンビは、今大会が9度目のダブルス出場。9月のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では、8強入りしていた。今回は予選からの参戦となり、2試合を勝ち抜き本戦入りを決めていた。

 今シーズンのマクラクランは、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)と組んで1月のオークランド(ATP250/ハードコート)で優勝を飾り、昨年10月の東京(ATP500/室内ハードコート)に続くコンビ2勝目を挙げた。

 バンブリッジ/マクラクランは準々決勝で、第4シードのラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)とカレン・ハチャノフ/アンドレイ・ルブレフ(ともにロシア)の勝者と対戦する。

 エルステ・バンク・オープンはATPツアー500の規模の大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

2019年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

予選結果|日本人選手

ダブルス予選決勝

○1ルーク・バンブリッジ/マクラクラン勉(イギリス/日本)[1] 6-3 6-4 ●4フレデリック・ニールセン/ティム・プッツ(デンマーク/ドイツ)[2]

ダブルス予選1回戦

○1ルーク・バンブリッジ/マクラクラン勉(イギリス/日本)[1] 6-3 3-6 [10-3] ●2ルーカス・ミードラー/デニス・ノバク(オーストリア)[WC]

上位出場選手シード順位|シングルス

ドミニク・ティーム(オーストリア)[1]
カレン・ハチャノフ(ロシア)[2]
マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)[3]
ガエル・モンフィス(フランス)[4]

※写真はUSオープンでのルーク・バンブリッジ(右)/マクラクラン勉(イギリス/日本)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU


This article is a sponsored article by
''.