スイス・バーゼルで開催されている「スイス室内」(ATP500/10月21~27日/賞金総額221万9975ユーロ/室内ハードコート)の男子シングルス2回戦で、 第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が世界ランク49位のラドゥ・アルボット(モルドバ)を6-0 6-3で下し、準々決勝に駒を進めた。

 第1セットで2つのブレークポイントをセーブすることになったフェデラーだが、それは最初の8ゲームを連取する過程で些細な問題に過ぎなかった。

 故郷の大会で10度目の優勝を目指し、フェデラーは今週ここまでの2試合で合わせて2時間もコート上で過ごしていない。

 金曜日の準々決勝では、同胞のスタン・ワウリンカ(スイス)とフランシス・ティアフォー(アメリカ)の勝者と対戦する。ふたりはこの水曜日に1回戦を戦い、ともにストレート勝ちした。

 第7シードのワウリンカがパブロ・クエバス(ウルグアイ)を6-3 6-4で下し、ティアフォーはダニエル・エバンズ(イギリス)を6-4 6-2で退けた。

 そのほかの1回戦では、第6シードのダビド・ゴファン(ベルギー)がマリン・チリッチ(クロアチア)に6-4 6-4で勝利をおさめた。2014年USオープン覇者のチリッチは、フェデラーが故障で出場しなかった2016年大会の優勝者だった。ゴファンは、来月ロンドンで行われるトップ8によるエリート大会「ATPファイナルズ」出場のためのポイント・ランキングで10位に位置している。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したアレックス・デミノー(オーストラリア)は2回戦で、前日に第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を倒す番狂わせを演じた世界31位のテイラー・フリッツ(アメリカ)を6-3 6-3で倒した。28位のデミノーは次の準々決勝で、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)と対戦する。これで少なくともひとりは、ノーシードの選手がベスト4入りすることになった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はロジャー・フェデラー(スイス)、10月11日撮影
SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 11: Roger Federer of Switzerland in action against Alexander Zverev of Germany during the Men's singles Quarterfinals match of 2019 Rolex Shanghai Masters day seven at Qi Zhong Tennis Centre on October 11, 2019 in Shanghai, China. (Photo by Zhe Ji/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.