ATPツアー公式戦の「エルステ・バンク・オープン」(オーストリア・ウィーン/10月21~27日/賞金総額243万3810ユーロ/室内ハードコート)の男子シングルス決勝で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が第5シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を3-6 6-4 6-3で倒し、今季5度目の優勝を果たした。試合時間は2時間25分。

 26歳のティームがATPツアーでタイトルを獲得したのは、3週間前の北京(ATP500/ハードコート)に続いてキャリア16回目となる。この勝利でツアー決勝での戦績は、16勝8敗となった。

2019年ATPツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 この結果でティームは、シュワルツマンとの対戦成績を5勝2敗とした。今シーズンはクレーコートで2度対戦しており、2月のブエノスアイレス(ATP250)の準決勝はシュワルツマンが2-6 6-4 7-6(5)で、4月のバルセロナ(ATP500)の2回戦ではティームが6-3 6-3で勝っていた。

 今大会でのティームは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を6-4 7-6(2)で、2回戦でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を3-6 6-3 6-2で下し、準々決勝はパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)の途中棄権で勝ち上がり、準決勝では第3シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を3-6 7-5 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 ダブルス決勝も行われ、第4シードのラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)が第1シードのルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)に6-4 6-7(5) [10-5]で競り勝ち大会を制した。

※写真は北京の大会でのドミニク・ティーム(オーストリア)
BEIJING, CHINA - OCTOBER 02: Dominic Thiem of Austria celebrates after winning the match of 2019 China Open against Zhizhen Zhang of China at the China National Tennis Center on October 02, 2019 in Beijing, China. (Photo by Emmanuel Wong/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.