ATPツアー公式戦の「ロレックス・パリ・マスターズ」(ATP1000/フランス・パリ/10月28日~11月3日/賞金総額579万1280ユーロ/室内ハードコート)の男子シングルス1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)はヤン レナード・ストルフ(ドイツ)に6-4 5-7 2-6で敗れた。試合時間は1時間59分。

 今大会に初めて出場した24歳の西岡は、予選の2試合をフルセットで勝ち抜き今季4度目のマスターズ本戦入り。8月のシンシナティ(ATP1000/ハードコート)では、同カテゴリーで自己最高となる8強入りを果たしていた。

2019年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

 両者は今回が初対戦。この試合でストルフは20本のサービスエースを叩き込み、西岡は第2セット以降4度あったブレークのチャンスをものにすることができなかった。

 ストルフは2回戦で、大会連覇を目指す第8シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦する。シード勢は1回戦がBYE(免除)となっており、2回戦からの登場となる。

※写真は楽天ジャパンオープンでの西岡良仁(ミキハウス)
TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 30: Yoshihito Nishioka of Japan hits a return shot against Joao Sousa of Portugal on day one of the Rakuten Open at the Ariake Coliseum on September 30, 2019 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.