フェデラー、ワウリンカ、その後のディミトロフ、ティームなど、片手打ちバックハンドのトレンドは今後も続くものなのか、あるいは恐竜のように絶滅してしまうのかはわからない。だが、ファンがスタイリッシュな片手打ちバックハンドの台頭を楽しんでいるのは確かだ。何人かの元選手やトップコーチは「次にグランドスラムを獲得する片手打ちバックハンドの使い手」について、明るい未来を予想している。この特集では、片手打ちバックハンド、両手打ちバックハンドのメリットや、片手打ちの未来がどうなるかについて、元世界4位のジーン・メイヤー(アメリカ)に話を聞いた。取材・文◎ポール・ファイン【2017年7月号掲載記事】

This article is a sponsored article by
''.