トップ8によるエリート大会「資生堂WTAファイナルズ深圳」(WTAファイナルズ/10月27~11月3日/中国・深圳/賞金総額1400万ドル/室内ハードコート)の大会5日目のシングルスはレッド・グループのラウンドロビン(総当たり戦)第3戦が行われ、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と第7シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)が勝ち星を挙げた。

 バーティが第6シードのペトラ・クビトバ(チェコ)を6-4 6-2で破り、ベンチッチは7-5 1-0とリードした時点でキキ・バーテンズ(オランダ)が棄権したため勝利が決まった。

資生堂WTAファイナルズ深圳2019|PHOTOアルバム

 これでレッド・グループのラウンドロビンが終了し、ともに2勝1敗としたバーティとベンチッチが準決勝に進出することになった。ふたりはいずれも、今年の大会で初めて出場権を獲得した。

 バーテンズは第3シードで出場していた大坂なおみ(日清食品)が右肩の故障で棄権したため、第2戦から繰り上がりでレッド・グループに入っていた。

 大会6日目のシングルスはパープル・グループのラウンドロビン第3戦が行われる予定となっており、第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が第5シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と、第8シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)は第4シードのビアンカ・アンドレスク(カナダ)の代わりにプレーすることになったソフィア・ケネン(アメリカ)と対戦する予定となっている。

 大会初出場だった19歳のアンドレスクはプリスコバと対戦した第2戦で左膝を負傷し、棄権することになった。

 WTAファイナルズはWTAツアー最終戦で、今季の成績上位8名(ダブルスは8組)のみで争われる。4人ずつのグループに分かれたラウンドロビンを行い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進出する。

※写真はアシュリー・バーティ(オーストラリア)
SHENZHEN, CHINA - OCTOBER 31: Ashleigh Barty of Australia plays a forehand against Petra Kvitova of the Czech Republic during their Women's Singles match on Day Five of the 2019 Shiseido WTA Finals at Shenzhen Bay Sports Center on October 31, 2019 in Shenzhen, China. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.