この技術特集は、2018年11月上旬に全国5ヵ所(大阪、福岡、富山、福島、千葉)で開催された「第31回TTCテニス指導者のためのスポーツ科学セミナー『The EYE~テニス指導の着眼点はどこか~』」から千葉会場・吉田記念テニス研修センター(TTC)での内容を一部抜粋したものです。複数回に分けて掲載します。指導するのはオーストラリアのレイトン・ヒューイット(元世界1位)やエレナ・ドキッチ(元世界4位)を育てたことでも知られるクリス・ケイチェル。これまでに指導者として数多くの賞を受賞し、 世界のシンポジウムでスピーカーも務めているケイチェルは、現在、オーストラリアテニス協会のクレーコートおよび育成部門のマネージャーを務める一方、同協会ハイパフォーマンス・コーチングコースの監修も行っています。世界のテニスの情報を集約し、時代ごとに求められるテニスを追求、また指導者の着眼点に重きを置いて指導者育成に努めています。【2018年4月号掲載】

This article is a sponsored article by
''.