日本テニス協会(JTA)が主催する「三菱全日本テニス選手権 94th」(賞金総額2874万円/本戦10月26日~11月3日/東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の本戦8日目、男子シングルスは準決勝2試合が行われ、第3シードの清水悠太(三菱電機)と第6シードの野口莉央(明治安田生命)が決勝へ勝ち上がった。

 清水はスタートから動きが鈍く、第8シードの島袋将(早大4年)に「やりたいようにやられていた」。3種目に出場し、すべて勝ち残っている。その疲労は色濃く、そこに緊張が重なり、足が思うように動かなかった。

 だが、とにかく「身体を動かそうと思った」と言う。第2セットも先にブレークを許していたが、そこから清水の反撃が始まった。第1セットを簡単に落としたことで、逆に気持ちの切り替えができ、緊張もとれたという。

 第1セットはプレッシャーもなく、のびのびと戦うことができた島袋。第2セットの入りもよかった。だが、相手は試合巧者の清水だ。「このまま終わる訳はない」と警戒しすぎて、プレーが前のめりになってしまった。

 形勢が逆転し、第2セットは清水が6-2で奪い返すと、最終セットも一進一退の攻防から6-4で清水がものにした。第1セットとは別人のような動き、しつこさで清水が決勝進出を決めた。

画像: 4年前のインターハイ以来の対戦となった清水(右)と島袋

4年前のインターハイ以来の対戦となった清水(右)と島袋

 もう一方の準決勝もプロと大学生の構図だったが、こちらもプロが勝った。野口が予選から勝ち上がった望月勇希(中大4年)に6-4 6-3のストレート勝利。マッチポイントはフォアハンドの逆クロスで決めた。

「走り負けないようにして、考えてプレーすることができた」と野口。第1セットは競り合ったが、第2セットは望月のサービスゲームを4度ブレーク。的確なストロークで望月のミスを誘い、初めてのコロシアムで緊張したと言うが、会心の勝利を飾った。

画像: 決勝進出を果たした野口

決勝進出を果たした野口

 第9シードの越智真(江崎グリコ)との3回戦ではダブルマッチポイントを逃れての逆転勝利。崖っぷちから生き返った運と勢いが、今の野口にはある。望月はひとつ上だが、「プロが大学生には負けられない」と意地を見せての決勝進出となった。

画像: ベスト4に終わった望月。予選からの快進撃だった

ベスト4に終わった望月。予選からの快進撃だった

 明日の決勝は、清水と野口の対戦となった。学年は野口がひとつ上だが、20歳同士の戦いとなる。「攻めていってポイントを取りたい」と野口が言えば、清水は「楽しんでやりたい」と話した。清水は男子では1965年の石黒修さん以来となる3冠の可能性が残されている。

※トップ写真は、決勝進出を果たした第3シードの清水悠太(三菱電機)

取材◎牧野 正 写真◎菅原 淳

This article is a sponsored article by
''.