トップ8によるエリート大会「資生堂WTAファイナルズ深圳」(WTAファイナルズ/10月27~11月3日/中国・深圳/賞金総額1400万ドル/室内ハードコート)の大会7日目は女子シングルス準決勝が行われ、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と第8シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が決勝に勝ち進んだ。

 前年覇者のスビトリーナが5-7 6-3 4-1とした時点で第7シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)が棄権したため勝ち上がり、バーティは第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を4-6 6-2 6-3で退けた。

資生堂WTAファイナルズ深圳2019|PHOTOアルバム

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、5勝0敗でスビトリーナがリード。今シーズンは3月にインディアンウェルズ(WTAプレミア・マンダトリー/ハードコート)の4回戦で対戦し、スビトリーナが7-6(8) 5-7 6-4で勝っている。

 ダブルスでは、それぞれのグループを首位で通過した第2シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)と第3シードのティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)が決勝進出を決めた。

 WTAファイナルズはWTAツアー最終戦で、今季の成績上位8名(ダブルスは8組)のみで争われる。4人ずつのグループに分かれたラウンドロビンを行い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進出する。

※写真はアシュリー・バーティ(オーストラリア)
SHENZHEN, CHINA - NOVEMBER 02: Ashleigh Barty of Australia celebrates match point against Karolina Pliskova of the Czech Republic during their Women's Singles semifinal match on Day Seven of the 2019 Shiseido WTA Finals at Shenzhen Bay Sports Center on November 02, 2019 in Shenzhen, China. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.