トップ8によるエリート大会「資生堂WTAファイナルズ深圳」(WTAファイナルズ/10月27~11月3日/中国・深圳/賞金総額1400万ドル/室内ハードコート)の大会7日目は女子シングルス準決勝が行われ、第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と第8シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)が決勝に勝ち進んだ。バーティは過去5回の対戦で、一度もスビトリーナを倒したことがない。

 準決勝でのバーティはスビトリーナと同じく最初のセットを落としたが、そこから巻き返して第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を4-6 6-2 6-3で倒した。

「試合を通し、信じられないほど高いレベルだったと感じたわ」とバーティは振り返った。「またここでプレーするチャンスを手にすることが出来て、ただただうれしいわ。決勝はとにかく楽しみたいと思う。私には失うものなど何もない。本当に厳しい相手に対して立ち向かっていくだけよ」

資生堂WTAファイナルズ深圳2019|PHOTOアルバム

 最後に出場権を獲得してラウンドロビンを勝ち上がった第7シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)は、スビトリーナが5-7 6-3 4-1としたところでリタイアした。この結果でスビトリーナは、WTAファイナルズで2年連続の決勝進出を果たしたことになる。

「自分が決勝に勝ち残ったことに気がついていないという感じなの」とスビトリーナは心境について語ったが、また「ケガをしている相手とプレーするのは難しいわ」とも言い添えた。

 フレンチ・オープンでグランドスラム初タイトルを獲得し、初めて世界ランク1位に至ったバーティにとって、2019年は傑出したシーズンとなっている。彼女は世界ナンバーワンになった史上初のオーストラリア人女性なのだ。

「私と私のチームにとって、信じられないようなシーズンになっているわ」とバーティは話し、日曜日の決勝のことを、「(そのシーズンの)完璧な締めくくり」と呼んだ。彼女は来たる決勝で、ついにスビトリーナを倒すためのチャンスを楽しみに待っている。

「私は、何か違ったことを試す機会を手に入れた」とバーティはコメントした。「以前の対戦では、私がやったことはあまりうまく機能しなかった。あるいは、効果が出るまで実行し続けることができなかったかもしれない」

 プリスコバとの試合で、バーティは11本のサービスエースを記録した。世界2位のプリスコバが準決勝に進出したのは3年連続だったが、決勝でプレーしたことはまだない。

画像: 3年連続準決勝で敗れたカロリーナ・プリスコバ(チェコ) SHENZHEN, CHINA - NOVEMBER 02: Karolina Pliskova of the Czech Republic gives a thumbs up to the crowd as she walks off the court after her Women's Singles semifinal match loss to Ashleigh Barty of Australia on Day Seven of the 2019 Shiseido WTA Finals at Shenzhen Bay Sports Center on November 02, 2019 in Shenzhen, China. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

3年連続準決勝で敗れたカロリーナ・プリスコバ(チェコ)
SHENZHEN, CHINA - NOVEMBER 02: Karolina Pliskova of the Czech Republic gives a thumbs up to the crowd as she walks off the court after her Women's Singles semifinal match loss to Ashleigh Barty of Australia on Day Seven of the 2019 Shiseido WTA Finals at Shenzhen Bay Sports Center on November 02, 2019 in Shenzhen, China. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.