日本テニス協会(JTA)が主催する「三菱全日本テニス選手権 94th」(賞金総額2874万円/本戦10月26日~11月3日/東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の女子ダブルス決勝で、第2シードの森崎可南子(橋本総業ホールディングス)/米原実令(明治安田生命)が第1シードの加治遥(島津製作所)/波形純理(伊予銀行)を6-4 6-4で下し、全試合ストレート勝利で優勝を飾った。

 米原と森崎の筑波大学先輩後輩コンビはITFツアーで3勝を挙げており、全日本選手権では大学在学中だった2017年に続く2度目の栄冠に輝いた。

三菱全日本テニス選手権 94th|トーナメント表

 今大会での森崎/米原は、初戦となった2回戦で宮崎百合子(JITC)/輿石亜佑美(竜興化学工業)を6-1 6-1で、準々決勝で松本安莉(山梨学院大学)/松田美咲(亜細亜大学)を7-5 6-2で、準決勝ではインカレ優勝ペアの佐藤南帆/永田杏里(ともに慶應義塾大学)を6-4 6-3で下して決勝進出を決めていた。

 シングルスにも出場していた森崎は自己最高成績となる4強入りを果たし、準決勝で第5シードの本玉真唯(島津製作所)に3-6 6-0 1-6で敗れていた。

※写真は(右から)女子ダブルス優勝の森崎可南子(橋本総業ホールディングス)、米原実令(明治安田生命)、準優勝の波形純理(伊予銀行)、加治遥(島津製作所)
撮影◎菅原淳 / JUN SUGAWARA

This article is a sponsored article by
''.