日本テニス協会(JTA)が主催する「三菱全日本テニス選手権 94th」(賞金総額2874万円/本戦10月26日~11月3日/東京都江東区・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の男子ダブルス決勝で、第1シードの仁木拓人(三菱電機)/今井慎太郎(イカイ)が第2シードの清水悠太(三菱電機)/羽澤慎治(慶應義塾大学)に7-6(3) 7-6(9)で競り勝ち、全試合ストレート勝利で2連覇を達成した。

 両ペアは昨年の大会でも決勝で対戦し、仁木/今井が6-2 7-6(5)で勝っていた。

三菱全日本テニス選手権 94th|トーナメント表

 今大会での仁木/今井は、初戦となった2回戦で守谷総一郎(Team REC)/川橋勇太(あきやま病院)を6-4 6-4で、準々決勝で竹島駿朗(Team REC)/菊池玄吾(エキスパートパワーシズオカ)を6-2 6-4で、準決勝では小野田賢(フリー)/松﨑勇太郎(イカイ)を7-5 6-2で下して決勝進出を決めていた。

 20歳の清水は小堀桃子(橋本総業ホールディングス)と組んで臨んだ混合ダブルスでタイトルを獲得しており、大会最終試合で2冠目を目指していた。男子シングルスに第3シードで出場していた清水は、この日行われた決勝で第6シードの野口莉央(明治安田生命)に3-6 4-6で敗れていた。

※写真は(右から)男子ダブルス優勝の仁木拓人(三菱電機)、今井慎太郎(イカイ)、準優勝の清水悠太(三菱電機)、羽澤慎治(慶應義塾大学)
撮影◎菅原淳 / JUN SUGAWARA

This article is a sponsored article by
''.