ATPツアー下部大会の「兵庫ノアチャレンジャー」(チャレンジャー80/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/11月4~10日/賞金総額5万4160ドル/室内ハードコート)の大会4日目は、男子シングルス3回戦8試合と男子ダブルス準々決勝4試合が行われた。

 シングルスは、第2シードの杉田祐一(三菱電機)、第3シードの添田豪(GODAI)、第9シードのランクマー・ラマナサン(インド)、第11シードの守屋宏紀(北日本物産)、第16シードのナム・ジソン(韓国)、綿貫陽介(日清食品)、今井慎太郎(イカイ)、ティム・ファン リジトーヴェン(オランダ)がベスト8に駒を進めた。

 ダブルスでは、第2シードのアンドレ・ゴランソン(スウェーデン)/クリストファー・ルンガット(インドネシア)、第4シードのプラブ・ラジャ(インド)/ラマナサン、バイ・ヤン/リー・ジェ(ともに中国)、松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)/綿貫が準決勝に進出した。

 11月8日(金)は12時00分から、男子シングルス準々決勝4試合と男子ダブルス準決勝1試合が行われる予定。

2019年 男子国内国際大会表彰写真|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

男子シングルス3回戦

○8ナム・ジソン(韓国)[16] 6-3 1-6 6-1 ●3望月勇希(中央大学)[WC]

○12綿貫陽介(日清食品)6-2 6-1 ●14市川泰誠(ノア・インドアステージ)[WC]

○17添田豪(GODAI)[3] 0-6 6-3 7-5 ●22島袋将(早稲田大学)

○27ティム・ファン リジトーヴェン(オランダ)7-6(2) 7-6(8) ●30ルーク・サビル(オーストラリア)

------

○40守屋宏紀(北日本物産)[11] 7-5 6-2 ●35ツェン・チュンシン(台湾)

○43今井慎太郎(イカイ)3-6 6-3 6-2 ●45徳田廉大(イカイ)

○56ランクマー・ラマナサン(インド)[9] 6-3 6-3 ●49ジェイ・クラーク(イギリス)[8]

○64杉田祐一(三菱電機)[2] 6-7(4) 6-3 6-3 ●60ティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)

男子ダブルス準々決勝

○4松井俊英/綿貫陽介(ASIA PARTNERSHIP FUND/日清食品)6-0 4-6 [11-9] ●1マット・リード/ルーク・サビル(オーストラリア)[1]

○5プラブ・ラジャ/ランクマー・ラマナサン(インド)[4] 7-5 2-6 [10-7] ●7ナム・ジソン/ソン・ミンギュ(韓国)

○9バイ・ヤン/リー・ジェ(中国)7-5 6-3 ●12シェイ・チェン ペン/ヤン・ツン フア(台湾)[3]

○16アンドレ・ゴランソン/クリストファー・ルンガット(スウェーデン/インドネシア)[2] 6-4 6-2 ●14アルジュン・カデ/エンリケ・ロペス ペレス(インド/スペイン)

※写真は男子シングルス準々決勝に進出した第2シードの杉田祐一(三菱電機)
写真提供◎(一社)兵庫県テニス協会/兵庫ノアチャレンジャー


This article is a sponsored article by
''.