女子テニス世界国別対抗戦、フェドカップ・ワールドグループ決勝「オーストラリア対フランス」(11月9、10日/オーストラリア・パース/ハードコート)が終了し、3勝2敗でフランスの優勝が決まった。

 フランスがフェドカップでタイトルを獲得したのは2003年以来で、通算3度目の栄冠に輝いた。

 1勝1敗で迎えた2日目は、クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)が世界ランク1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)を2-6 6-4 7-6(1)で倒す金星を挙げ、アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)がカロリーヌ・ガルシア(フランス)に代わって起用されたポリーヌ・パルモンティエ(フランス)を6-4 7-5で破って2勝2敗となった。

 勝負のかかったダブルスではガルシア/ムラデノビッチがバーティ/サマンサ・ストーサー(オーストラリア)を6-4 6-3で下し、フランスを世界一に導いた。

 フェド杯は男子のデビスカップ(デ杯)と同様に、ITF(国際テニス連盟)が主催する女子テニスの国別対抗戦。世界の上位16ヵ国が争うトップカテゴリーは「ワールドグループ」と「ワールドグループII」の2部(8ヵ国ずつ)に分けられている。

フェドカップ・ワールドグループ2019|トーナメント表

※文中の世界ランクは11月5日付

ワールドグループ決勝 オーストラリア 2-3 フランス

第1日|11月9日(土)

第1試合 ●アイラ・トムヤノビッチ(単51位)1-6 1-6 ○クリスティーナ・ムラデノビッチ(単40位)

第2試合 ○アシュリー・バーティ(単1位)6-0 6-0 ●カロリーヌ・ガルシア(単45位)

第2日|11月10日(日)

第3試合 ●アシュリー・バーティ(単1位)6-2 4-6 6-7(1) ○クリスティーナ・ムラデノビッチ(単40位)

第4試合 ○アイラ・トムヤノビッチ(単51位)6-4 7-5 ●ポリーヌ・パルモンティエ(単122位)

第5試合 ●アシュリー・バーティ(複19位)/サマンサ・ストーサー(複12位)4-6 3-6 ○カロリーヌ・ガルシア(複247位)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(複2位)

※写真は優勝を決めたガルシア/ムラデノビッチに駆け寄り喜びを分かち合うフランス代表チーム
PERTH, AUSTRALIA - NOVEMBER 10: Caroline Garcia and Kristina Mladenovic of France celebrate after winning the Women's doubles match against Ash Barty and Sam Stosur of Australia in the 2019 Fed Cup Final tie between Australia and France at RAC Arena on November 10, 2019 in Perth, Australia. (Photo by Will Russell/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.