男子トップ8によるエリート大会「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月10~17日/賞金総額900万ドル/室内ハードコート)が開幕し、初日のシングルスはグループ・ビヨン・ボルグのラウンドロビン(グループ内総当たり戦)第1戦が行われた。

 2019年を迎えてから、ドミニク・ティーム(オーストリア)はロジャー・フェデラー(スイス)に打ち勝ち続けている。第5シードのティームはこの日のナイトセッションで、第3シードのフェデラーを7-5 7-5で下した。彼がフェデラーに勝つのは、これで3対戦連続となる。

「彼を倒すには、すべてがぴったりとうまくはまらなければならない。今日は、またもそういう感じだったと思う」とティームは語った。「彼とプレーすることは毎回、それ自体が非常に名誉なことだ。彼を倒すことは、いっそう素晴らしいけどね」。

 最初のゲームでブレークを果たしたティームは、2-2と追いつかれたあとにふたたびブレークして6-5とリードした。

 第2セットはサービスキープで進んだが、ティームはセットの終わりにブレークしてふたたび6-5とリードした。ATPファイナルズで史上最多の6度の優勝回数を誇るフェデラーは続くゲームでふたつのブレークポイントを手にしたがものにし損ね、最後はティームの2度目のマッチポイントでバックハンドのリターンをネットに引っ掛けた。

 今シーズンのティームはインディアンウェルズ決勝とマドリッド・マスターズ準々決勝でフェデラーを倒していたが、昨年のATPファイナルズのグループ戦ではストレートで敗れていた。

画像: 白星スタートを切ったドミニク・ティーム(オーストリア) LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 10: Dominic Thiem of Austria celebrates victory after winning his singles match against Roger Federer of Switzerland during Day One of the Nitto ATP World Tour Finals at The O2 Arena on November 10, 2019 in London, England. (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

白星スタートを切ったドミニク・ティーム(オーストリア)
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 10: Dominic Thiem of Austria celebrates victory after winning his singles match against Roger Federer of Switzerland during Day One of the Nitto ATP World Tour Finals at The O2 Arena on November 10, 2019 in London, England. (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

 フェデラーにとってこの敗戦の意味するところは、グループ戦を突破したいならノバク・ジョコビッチ(セルビア)とマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に対する続く2試合でどんな躓きも許されないということだ。準決勝に至るためには、彼はおそらくこの2試合の双方に勝たなくてはならいだろう。

「ここからは、普通のトーナメントだ。誰に負けることも許されない」とフェデラーは決意を新たにした。「ここ20年は毎週がそんな感じだから、その観点から言えば何も新しいことはないよ」。


This article is a sponsored article by
''.