男子トップ8によるエリート大会「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月10~17日/賞金総額900万ドル/室内ハードコート)の大会4日目はグループ・アンドレ・アガシのラウンドロビン(総当たり戦)第2戦が行われ、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第6シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)が勝ち星を挙げた。

 アフタヌーンセッションでナダルが第4シードのダニール・メドベデフ(ロシア)との接戦を6-7(3) 6-3 7-6(4)で制して1勝目を挙げ、イブニングセッションではチチパスが前年王者で第7シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-3 6-2で破って2連勝を飾った。

 この結果で2試合連続ストレート勝利をおさめたチチパスが、初出場ながら準決勝進出を決めた。

 グループ・アンドレ・アガシの他の3人のプレーヤー、ナダル、ズベレフ、メドベデフは皆、まだ勝ち上がる可能性を擁している。

 トップに駆け登ったブレイクのシーズンの終りに、チチパスはこの世界トップ8によるシーズン末のエリート大会に初出場を果たした。この日のチチパスは第1セット第8ゲームでズベレフのサービスゲームを破って5-3とリードし、それから第2セットでさらに2度ブレークして5-1と引き離した。

 O2アリーナにたくさんのギリシャの国旗がはためく中で自分のサービスゲームを迎えたチチパスは、サービスエースで試合を締めくくった。

「またも、そこにいたのは僕だけではなかった。僕を応援しに来てくれた多くの熱狂的な人々がいたんだ」とこの大会に出場する権利を勝ち取った初のギリシャ人であるチチパスは語った。「それはもう僕だけのための試合ではなく、団体戦みたいなものだったんだ」。

(APライター◎マティアス・カレン/構成◎テニスマガジン)

※写真はステファノス・チチパス(ギリシャ)
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 13: Stefanos Tsitsipas of Greece celebrates victory after his singles match against Alexander Zverev of Germany during Day Four of the Nitto ATP World Tour Finals at The O2 Arena on November 13, 2019 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.