•  住友ゴム工業株式会社が主催する「2019 DUNLOP ROAD TO THE AUSTRALIAN OPEN JUNIORS IN YOKKAICHI」(三重県四日市市・四日市テニスセンター/11月11~14日/ハードコート)が開催され、男女の優勝者が決定した。

     9人が出場した女子の決勝では、第2シードの松田絵理香(狛江インドアジュニアATPチーム)が第6シードのウィ・フィウォン(韓国)を7-6(1) 6-2で下して優勝を飾った。

     松田は昨年の大会にも参戦していたが、決勝でジャニス・チェン(インドネシア)に6-1 1-6 4-6で敗れていた。

     この大会はアジア・オセアニア地域から17歳以下のトップ選手を招待招待し、男女の優勝者には翌年のオーストラリアン・オープン・ジュニア本戦の出場権が与えられる。試合はグループごとのリーグ戦を戦い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進出する形式で行われた。

    大会結果|女子

    決勝

    ○8松田絵理香(日本/狛江インドアジュニアATPチーム)[2] 7-6(1) 6-2 ●1ウィ・フィウォン(韓国)[6]

    3位決定戦

    ○ティアン・ファンラン(中国)[3] 6-1 6-2 ●Thamonpan JONGLERTRAKUL(タイ)[5]

    準決勝

    ○1ウィ・フィウォン(韓国)[6] 6-4 6-3 ●4Thamonpan JONGLERTRAKUL(タイ)[5]

    ○8松田絵理香(日本/狛江インドアジュニアATPチーム)[2] 7-5 6-3 ●6ティアン・ファンラン(中国)[3]

    準々決勝

    ○4Thamonpan JONGLERTRAKUL(タイ)[5] 6-4 7-6(9) ●3伊藤あおい(日本/チェリーTC)

    ○6ティアン・ファンラン(中国)[3] 6-1 7-5 ●5Pimrada JATTAVAPORNVANIT(タイ)[1]

    グループA

    ○Pimrada JATTAVAPORNVANIT(タイ)[1] 6-0 3-6 [11-9] ●長谷川采香(日本/たちかわジュニアテニスアカデミー)

    ○ウィ・フィウォン(韓国)[6] 6-3 6-1 ●長谷川采香(日本/たちかわジュニアテニスアカデミー)

    ●Pimrada JATTAVAPORNVANIT(タイ)[1] 4-6 4-6 ○ウィ・フィウォン(韓国)[6]

    ■グループA|最終順位

    1位 ウィ:2勝(セット4-0、ゲーム24-12)
    2位 JATTAVAPORNVANIT:1勝1敗(セット2-3、ゲーム18-18)
    3位 長谷川:2敗(セット1-4、ゲーム10-22)

    グループB

    ○松田絵理香(日本/狛江インドアジュニアATPチーム)[2] 4-6 6-3 [10-3] ●久保結希凪(日本/四日市商業高校)

    ○Thamonpan JONGLERTRAKUL(タイ)[5] 6-0 6-3 ●チェ・ジウ(韓国)

    ○松田絵理香(日本/狛江インドアジュニアATPチーム)[2] 6-2 6-4 ●チェ・ジウ(韓国)

    ○Thamonpan JONGLERTRAKUL(タイ)[5] 6-2 6-2 ●久保結希凪(日本/四日市商業高校)

    ○松田絵理香(日本/狛江インドアジュニアATPチーム)[2] 6-1 6-1 ●Thamonpan JONGLERTRAKUL(タイ)[5]

    ○チェ・ジウ(韓国)6-1 6-2 ●久保結希凪(日本/四日市商業高校)

    ■グループB|最終順位

    1位 松田:3勝(セット6-1、ゲーム35-17)
    2位 JONGLERTRAKUL:2勝1敗(セット4-2、ゲーム26-19)
    3位 チェ:1勝2敗(セット2-4、ゲーム21-27)
    4位 久保:3敗(セット1-6、ゲーム16-35)

    グループC

    ○ティアン・ファンラン(中国)[3] 6-1 6-2 ●伊藤あおい(日本/チェリーTC)

    ●森岡きらら(日本/奈良国際TC)[4] 不戦勝 ○小畑莉音(日本/四日市商業高校)

    ○ティアン・ファンラン(中国)[3] 6-0 6-0 ●小畑莉音(日本/四日市商業高校)

    ●森岡きらら(日本/奈良国際TC)[4] 不戦勝 ○伊藤あおい(日本/チェリーTC)

    ○ティアン・ファンラン(中国)[3] 6-3 6-4 ●森岡きらら(日本/奈良国際TC)[4]

    ●小畑莉音(日本/四日市商業高校)2-6 6-4 [4-10] ○伊藤あおい(日本/チェリーTC)

    ■グループC|最終順位

    1位 ティアン:3勝(セット6-0、ゲーム36-10)
    2位 伊藤:2勝1敗(セット2-3、ゲーム14-20)
    3位 小畑:1勝2敗(セット1-4、ゲーム8-23)
    4位 森岡:3敗(セット0-2、ゲーム7-12)

    ※写真は女子優勝の松田絵理香(狛江インドアジュニアATPチーム)
    写真提供◎住友ゴム工業株式会社

    This article is a sponsored article by
    ''.