男子テニスの国別対抗戦、「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」(スペイン・マドリッド/11月18~24日/室内ハードコート)の大会2日目は、ラウンドロビン(総当たり戦)の6対戦が行われた。

 モーニングセッションはグループA、C、Eの第1戦が行われ、第1シードのフランス、第3シードのアルゼンチン、カザフスタンがそれぞれ白星スタートを切った。

 アフタヌーンセッションではグループB、D、Fの第2戦が行われ、スペイン、オーストラリア、カナダが勝利をおさめた。

 この結果でカナダがグループFを2戦全勝で終え、決勝トーナメント進出一番乗りを決めた。

 デビスカップは今年から、新フォーマットに変更されている。新たに改革されたフォーマットは、国際テニス連盟(ITF)と、スペインのサッカー選手ジェラール・ピケによって設立された投資団体コスモスの協力によって開発された。

 ファイナルズでは18ヵ国が3チームによる6グループに別れて総当たり戦を行い、各グループの1位と、2位にの中でもっとも成績のいい2チームが決勝トーナメントに進出して優勝チームを決定する。試合はベスト・オブ・3セットマッチで行われ、シングルス2試合とダブルス1試合で争われる。

デビスカップ by Rakuten ファイナルズ2019|トーナメント表

ラウンドロビン|11月19日(火)

グループA

フランス[1](1勝)2-1 日本(1敗)

R1 ○ジョーウィルフリード・ツォンガ 6-2 6-1 ●内山靖崇
R2 ●ガエル・モンフィス 5-7 2-6 ○西岡良仁
R3 ○ピエール ユーグ・エルベール/ニコラ・マウ 6-7(4) 6-4 7-5 ●マクラクラン勉/内山靖崇

グループB

スペイン(1勝)2-1 ロシア(1勝1敗)

R1 ●ロベルト・バウティスタ アグート 6-3 3-6 6-7(0) ○アンドレイ・ルブレフ
R2 ○ラファエル・ナダル 6-3 7-6(7) ●カレン・ハチャノフ
R3 ○マルセル・グラノイェルス/フェリシアーノ・ロペス 6-4 7-6(5) ●カレン・ハチャノフ/アンドレイ・ルブレフ

グループC

アルゼンチン[3](1勝)3-0 チリ(1敗)

R1 ○ギド・ペラ 6-4 6-3 ●ニコラス・ジャリー
R2 ○ディエゴ・シュワルツマン 6-2 6-2 ●クリスチャン・ガリン
R3 ○マッシモ・ゴンサレス/レオナルド・メイヤー 6-3 7-5 ●ニコラス・ジャリー/ハンス・ポドリプニク カスティージョ

グループD

オーストラリア(1勝)3-0 コロンビア(2敗)

R1 ○ニック・キリオス 6-4 6-4 ●アレハンドロ・ゴンサレス
R2 ○アレックス・デミノー 6-4 6-3 ●ダニエル エラヒ・ガラン
R3 ○ジョン・ピアース/ジョーダン・トンプソン 6-3 3-6 7-6(6) ●フアン セバスチャン・カバル/ロベルト・ファラ

グループE

カザフスタン(1勝)2-1 オランダ(1敗)

R1 ○ミカエル・ククシュキン 6-2 6-2 ●ボティック・ファン デ ザンツフープ
R2 ●アレクサンダー・ブブリク 5-7 6-3 6-7(5) ○ロビン・ハッサ
R3 ○アレクサンダー・ブブリク/ミカエル・ククシュキン 6-4 7-6(2) ●ロビン・ハッサ/ジャン ジュリアン・ロジェ

グループF

アメリカ[6](1敗)1-2 カナダ(2勝)

R1 ●ライリー・オペルカ 6-7(5) 6-7(7) ○バセック・ポスピショル
R2 ●テイラー・フリッツ 6-7(6) 3-6 ○デニス・シャポバロフ
R3 ○サム・クエリー/ジャック・ソック 不戦勝 ●バセック・ポスピショル/デニス・シャポバロフ

※写真は勝利を決めたデニス・シャポバロフ(カナダ)と喜びを分かち合うカナダ代表チーム
MADRID, SPAIN - NOVEMBER 19: Denis Shapovalov of Canada is congratulated by teammate Vasek Pospisil following victory against Taylor Fritz of The United States during Day 2 of the 2019 Davis Cup at La Caja Magica on November 19, 2019 in Madrid, Spain. (Photo by Alex Pantling/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.