公益財団法人ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会は、11月19日(火)、ホテルニューオータニ大阪「鳳凰の間」(大阪市中央区)にて、令和元年「ワールドマスターズゲームズ2021関西」決起大会を開催した。

ボランティア募集

 大会をささえるボランティアを募集しています(すでに募集開始)。募集人数は延べ6万人で、大会受付・競技受付、会場案内等にて活動をお願いします。

メッセージ

武井壮さん|大会応援大使

 参加するとなれば、朝原さんとチームを組んでリレーに出場して世界記録を目指したい。毎回、参加するたびにアンバサダーが増えて、2021年のこの大会が凄い大会になるんじゃないかという期待がどんどん膨らんでいる。ラグビーワールドカップの大成功と同様に、2020年の東京オリンピック・パラリンピックが過去最高の大会だったと言われるようにこれからも頑張っていきたい。そして、日本のスポーツ界の歴史を作ってきたみんなで盛り上げ、この大会に参加するすべての人がスター選手たちとともにグラウンドやフィールドで輝く姿を関西全体で見ることができれば、最高の大会になると思っているので、今後も全力で応援したい。

朝原宣治さん|大阪ガス株式会社、北京オリンピックメダリスト

「100m+1競技」----100mと専門ではない1競技に挑戦したい。アーティスティックスイミングで奥さん(奥野史子さん)とデュエットで出場することも視野に入れている。これから一年半あるので、何かしら挑戦できるのではないかと思っている。今から競技を始めて出場するという楽しみもあるので、何かを始めるきっかけにしたい。

小田幸平さん|野球解説者・評論家

「硬式野球出場!誰よりも明るく!ナイスリード!」----硬式野球ともう1競技に出場したい。水泳などボールを使わない競技に参加したい。

山村宏樹さん|野球解説者

「関西の地で140km/h」----硬式野球で出場したい。引退して7年になるが、投げられればよいかなと思っている。現役時代最速149km / hを神戸で出したので、もしかしたら関西で出るかもしれない。ぜひ、武井さんとスピードで勝負したい。

ワールドマスターズゲームズ2021関西とは?

 国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が4年ごとに主宰する、概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰でも参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会(各競技により年齢設定は違う)。オリンピック・パラリンピック競技大会の翌年に開催され、第10回となる2021年には、関西広域(13府県政令市)を舞台に、過去最大規模となる国内外5万人参加を目標に、アジア圏初となる「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の開催が期待されます。

開催期間◎2021年5月14日(金)~5月30日(日) 17日間

開催競技◎公式競技35競技59種目(ほかオープン競技も実施)

主催◎(公財)ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会

共催◎(公財)日本スポーツ協会、(公財)日本障がい者スポーツ協会


This article is a sponsored article by
''.