•  全日本学生テニス連盟が主催する「2019年度全日本学生室内テニス選手権大会(第56回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月27日~12月1日/室内ハードコート)の本戦4日目は、男女シングルス準決勝と男女ダブルス決勝が行われた。

     シングルスは、男子が第1シードの今村昌倫(慶應義塾大学3年)と第2シードの羽澤慎治(慶應義塾大学2年)、女子は第4シードの今村凪沙(鹿屋体育大学3年)と第5シードの松田美咲(亜細亜大学3年)が決勝進出を決めた。

     男子ダブルス決勝は第2シードの今村/羽澤が第3シードの楠原悠介/柚木武(法政大学4年/3年)を3-6 6-1 [11-9]で、女子ダブルス決勝はノーシードから勝ち上がってきた清水映里/石川琴実(早稲田大学3年/1年)が第2シードの平田歩/永田杏里(慶應義塾大学2年/1年)を6-7(6) 6-3 [10-8]で下し、それぞれ優勝を果たした。

     全日本学生室内テニス選手権は男女ともシングルス32ドロー、ダブルス16ドローのトーナメント方式で争われる。試合はすべてトーナメント方式で、シングルスはベストオブ3タイブレークセットマッチ、ダブルスはファイナル10ポイントマッチタイブレークで行われる。

    2019年度全日本学生室内テニス選手権大会|トーナメント表

    ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

    男子シングルス準決勝

    ○1今村昌倫(慶應義塾大学3年)[1] 6-3 6-2 ●9山尾玲貴(関西大学3年)[3]

    ○32羽澤慎治(慶應義塾大学2年)[2] 6-4 6-4 ●17田形諒平(筑波大学2年)[6]

    女子シングルス準決勝

    ○16松田美咲(亜細亜大学3年)[5] 6-7(8) 7-5 7-6(7) ●8平田歩(慶應義塾大学2年)[8]

    ○24今村凪沙(鹿屋体育大学3年)[4] 6-4 6-1 ●32小池颯紀(園田学園女子大学4年)[2]

    男子ダブルス決勝

    ○16今村昌倫/羽澤慎治(慶應義塾大学3年/2年)[2] 3-6 6-1 [11-9] ●5楠原悠介/柚木武(法政大学4年/3年)[3]

    女子ダブルス決勝

    ○4清水映里/石川琴実(早稲田大学3年/1年)6-7(6) 6-3 [10-8] ●16平田歩/永田杏里(慶應義塾大学2年/1年)[2]

    ※写真は左から男子ダブルス優勝の今村昌倫(慶應義塾大学3年)、羽澤慎治(慶應義塾大学2年)、女子ダブルス優勝の石川琴実(早稲田大学1年)、清水映里(早稲田大学3年)
    撮影◎BBM

    This article is a sponsored article by
    ''.