全日本学生テニス連盟が主催する「2019年度全日本学生室内テニス選手権大会(第56回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月27日~12月1日/室内ハードコート)は大会最終日を迎え、男女シングルスの決勝が行われた。

 トップ2シードの慶應義塾大学同士の対戦となった男子シングルス決勝は、第1シードの今村昌倫(3年)が第2シードの羽澤慎治(2年)を6-3 5-7 6-4で破り、8月のインカレに続く栄冠に輝いた。

 ふたりはペアを組んで第2シードで出場した男子ダブルスを制しており、今村は単複2冠を達成した。

 女子シングルス決勝は、第5シードの松田美咲(亜細亜大学3年)が第4シードの今村凪沙(鹿屋体育大学3年)を6-2 6-1で下し、初の全日本学生タイトルを獲得した。

 全日本学生室内テニス選手権は男女ともシングルス32ドロー、ダブルス16ドローのトーナメント方式で争われる。試合はすべてトーナメント方式で、シングルスはベストオブ3タイブレークセットマッチ、ダブルスはファイナル10ポイントマッチタイブレークで行われた。

2019年度全日本学生室内テニス選手権大会|トーナメント表

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス決勝

○1今村昌倫(慶應義塾大学3年)[1] 6-3 5-7 6-4 ●32羽澤慎治(慶應義塾大学2年)[2]

女子シングルス決勝

○16松田美咲(亜細亜大学3年)[5] 6-2 6-1 ●24今村凪沙(鹿屋体育大学3年)[4]

※写真はシングルス優勝の今村昌倫(慶應義塾大学3年/左)と松田美咲(亜細亜大学3年/右)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU

This article is a sponsored article by
''.