錦織圭(日清食品)が土曜日に自身の公式アプリを更新し、2020年から新しいフルタイムコーチとして長年コーチとしてマックス・ミルニー(ベラルーシ)がチームに加わることを発表した。今後はマイケル・チャン(アメリカ)とともに、錦織の指導に当たることになる。

 ミルニー氏はダブルスの名手として知られ、グランドスラムの男子ダブルスで6勝(全米:2000年、02年、全仏:2005年~04年、11年~12年)、ミックスダブルスでは4勝(ウインブルドン:1998年、全米:1998年、20007年、13年)を挙げている。2012年のロンドン五輪ではビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)とペアを組み、ミックスダブルスで金メダルを獲得した。

2019年海外ツアー日本人選手:錦織圭|PHOTOアルバム

 これに先立ち錦織は、2011年から長年コーチとして行動をともにしたダンテ・ボッティーニ氏との契約を解消していた。

 今シーズンの錦織は、開幕戦のブリスベン(ATP250/ハードコート)で約3年ぶりにタイトルを獲得してツアー決勝での連敗を「9」でストップし、グランドスラムでは昨年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)から5大会連続で8強入り。9月のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の3回戦で敗れたあとは右肘の故障で戦線を離脱し、10月に骨棘を取り除くための小さな手術を受けていた。

※写真はATPファイナルズでダブルス決勝のプレゼンターを務めたマックス・ミルニー(ベラルーシ/中央)
LONDON, ENGLAND - NOVEMBER 17: Raven Klaasen of South Africa and Michael Venus of New Zealand (runners-up) and Nicolas Mahut and Pierre-Hugues Herbert of France (winners) pose with their respective trophies and Chris Kermode, CEO of the ATP and Hideo Takasaki, President, CEO and COO of Nitto and former tennis player Max Mirnyi after their doubles final match during Day Eight of the Nitto ATP World Tour Finals at The O2 Arena on November 17, 2019 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.