全日本学生テニス連盟が主催する「2019年度全日本学生室内テニス選手権大会(第56回)」(大阪府吹田市・江坂テニスセンター/本戦11月27日~12月1日/室内ハードコート)、インカレ室内の本戦5日目/最終日は男女シングルス決勝が行われ、女子シングルスは第5シードの松田美咲(亜大3年)が第4シードの今村凪沙(鹿屋体大3年)を6-2 6-1のストレートで下し、優勝を飾った。

 3年生のレフティー対決は松田に軍配が上がった。今村はここまでの4試合で11ゲームしか落とさない快進撃だったが、松田の強烈にスピンのかかったボールに手こずり、3ゲームしか奪えなかった。

 第1セットの序盤は一進一退の攻防だった。先に松田がブレークして3-2とリードしたが、接戦の予感を感じさせる展開だった。しかし、ここから今村は1ゲームしか手にすることができなかった。

画像: 決勝は持ち味を出せなかった今村

決勝は持ち味を出せなかった今村

「調子は悪くなかったけれど、ラリーで外に追い出されて…。そうならないように早めに(仕掛けて)いったんですが、そこでミスが出てしまった」と今村が言う。松田の高く弾むスピンボールにタイミングが合わず、角度もつけられなかった。

 松田は前日の平田歩(慶大3年)との準決勝でマッチポイントを握られながらの大逆転勝利だった。その勢い、運を手放すことなく、優勝へと突き進んだ。じわじわとリードを広げても油断は微塵もなく、目の前の1ポイントに集中して戦い抜いた。

画像: 「相手を崩すことを考えていた」と松田

「相手を崩すことを考えていた」と松田

 優勝が決まった瞬間は「ようやく、やっとだな」と思った。高校選抜、インターハイ、インカレに昨年のインカレ室内と、いつも準優勝だった。決勝では「自分の弱さが出て」悔しい思いを続けてきたが、ついにその瞬間を迎えた。

 準優勝に終わった今村は、決勝までこれたうれしさ、そこで敗れた悔しさと「半々ぐらいです」と口にした。スコアほどの差があった訳ではなく、今村も「もっとできたと思うけれど相手がうまかったです」と敗戦を受け入れた。

画像: 決勝を戦い終えた松田(右)と今村

決勝を戦い終えた松田(右)と今村

 九州地区からの初女王誕生はならなかったが、今大会の今村の活躍は目を見張るものがった。ジュニア時代にさしたる戦績はない。熊本県の尚絅高校から鹿屋体大に進学し、大学の練習で腕を磨いた。「自分のペースで自由にやる」スタイルでつかんだ準優勝だった。

※トップ写真は、待望の全国タイトルを手に入れた松田美咲(亜大3年)

(取材◎牧野 正 写真◎毛受亮介)

This article is a sponsored article by
''.