•  USオープン優勝者のビアンカ・アンドレスク(カナダ)が、テニス選手としては初めてカナダの最優秀スポーツ選手に選ばれた。

     19歳のアンドレスクは今年9月にUSオープン決勝でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を倒してグランドスラムのシングルスで優勝を果たした初のカナダ人選手となり、月曜日に「ルー・マーシュ賞」を受賞した。

     今シーズンを世界ランク152位でスタートしたアンドレスクは5位に躍進し、インディアンウェルズとトロントでもタイトルを獲得するなど650万ドル以上を稼ぎ出した。

    「2020年に何が起こるのか楽しみだし、私は常に最高のレベルでカナダを代表できることを誇りに思っています」とアンドレスクはコメントした。

     彼女はゴルファーのブルック・ヘンダーソン、スプリンターのアンドレ・ドグラス、アトランタ・ブレーブスのマイク・ソロカ投手、NHLセントルイス・ブルースでゴールを守るジョーダン・ビニントンらの候補者の中からこの栄誉に輝いた。

     ルー・マーシュ賞の受賞者はカナダのスポーツジャーナリストの投票によって毎年選ばれており、1936年から第二次世界大戦中の3年間を除いて授与されている。(C)AP(テニスマガジン)

    ※写真はUSオープンでのビアンカ・アンドレスク(カナダ)
    NEW YORK, NEW YORK - SEPTEMBER 07: Bianca Andreescu of Canada celebrates with the championship trophy during the trophy presentation ceremony after winning the Women's Singles final against Serena Williams of the United States on day thirteen of the 2019 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 07, 2019 in the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

    This article is a sponsored article by
    ''.