今年新設された世界テニス国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/1月3~12日/賞金総額1500万ドル/ハードコート)の大会6日目はパース会場でグループBのラウンドロビン「日本対スペイン」が行われ、第1試合のシングルスで添田豪(GODAI)はロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に2-6 4-6で敗れ、スペインが先勝した。試合時間は1時間19分。

 両者は今回が初対戦。35歳の添田はチャレンジャー大会で通算18勝を挙げており、2012年7月には世界ランク自己最高となる47位をマークした。この結果で添田は、今大会での戦績を2勝1敗とした。

 ATPカップは24ヵ国が4チームによる6グループに分れて総当たり戦を行い、各グループの1位と、2位の中でもっとも成績のいい2チームが決勝トーナメントに進出して優勝チームを決定する。試合はシングルス2試合(ベスト・オブ・3セットマッチ)とダブルス1試合(第3セット10ポイントマッチタイブレーク)で争われる。

ATPカップ開催中、日本戦含む16試合をCSテレ朝チャンネルで生中継!

※世界ランクは1月6日付、ダブルスはメンバー変更の可能性あり

ラウンドロビン第3戦|1月8日(水)

グループB|日本(2勝)0-1 スペイン(2勝)

第1試合 ●添田豪(GODAI:単119位)2-6 4-6 ○ロベルト・バウティスタ アグート(単10位)

第2試合 西岡良仁(ミキハウス:単72位)vs ラファエル・ナダル(単1位)

第3試合 マクラクラン勉(複43位)/西岡良仁(ミキハウス:複285位)vs パブロ・カレーニョ ブスタ(複111位)/ラファエル・ナダル(複--位)

※写真は添田豪(GODAI)
PERTH, AUSTRALIA - JANUARY 08: Go Soeda of Team Japan plays a forehand to Roberto Bautista Agut of Team Spain during day six of the 2020 ATP Cup Group Stage at RAC Arena on January 08, 2020 in Perth, Australia. (Photo by Will Russell/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.