今年新設された世界テニス国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/1月3~12日/賞金総額1500万ドル/ハードコート)の大会6日目はパース会場でグループBのラウンドロビン「日本対スペイン」が行われ、第2試合のシングルスで西岡良仁(ミキハウス)はラファエル・ナダル(スペイン)に6-7(4) 4-6で敗れ、スペインが2連勝を飾った。試合時間は2時間7分。

 この結果でナダルは、西岡との対戦成績を2勝0敗とした。両者は2017年3月にアカプルコ(ATP500/ハードコート)の準々決勝で初対戦しており、ナダルが7-6(2) 6-3で勝っていた。

 2019年シーズンの西岡は8月のシンシナティ(ATP1000/ハードコート)でマスターズ1000の大会で初の8強入りを果たすなどして9月に世界ランク自己最高タイの58位をマークし、グランドスラムではウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)を除く3大会で2回戦に進出した。西岡の今大会での戦績は、2勝1敗となった。

 第1試合は添田豪(GODAI)がロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に2-6 4-6で敗れ、スペインが先勝していた。スペインは2勝目を挙げたことにより、この対戦での勝利とグループBの全勝での首位通過を確定させた。

 ATPカップは24ヵ国が4チームによる6グループに分れて総当たり戦を行い、各グループの1位と、2位の中でもっとも成績のいい2チームが決勝トーナメントに進出して優勝チームを決定する。試合はシングルス2試合(ベスト・オブ・3セットマッチ)とダブルス1試合(第3セット10ポイントマッチタイブレーク)で争われる。

ATPカップ開催中、日本戦含む16試合をCSテレ朝チャンネルで生中継!

※世界ランクは1月6日付、ダブルスはメンバー変更の可能性あり

ラウンドロビン第3戦|1月8日(水)

グループB|日本(2勝)0-2 スペイン(2勝)

第1試合 ●添田豪(GODAI:単119位)2-6 4-6 ○ロベルト・バウティスタ アグート(単10位)

第2試合 ●西岡良仁(ミキハウス:単72位)6-7(4) 4-6 ○ラファエル・ナダル(単1位)

第3試合 マクラクラン勉(複43位)/西岡良仁(ミキハウス:複285位)vs パブロ・カレーニョ ブスタ(複111位)/ラファエル・ナダル(複--位)

※写真は西岡良仁(ミキハウス)
PERTH, AUSTRALIA - JANUARY 08: Yoshihito Nishioka of Team Japan looks on after a rally against Rafael Nadal of Team Spain ay six of the 2020 ATP Cup Group Stage at RAC Arena on January 08, 2020 in Perth, Australia. (Photo by Paul Kane/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.