今年新設された世界テニス国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/1月3~12日/賞金総額1500万ドル/ハードコート)の大会6日目のデイセッションは、3つの会場でラウンドロビン第3戦の3対戦が行われた。

 ブリスベン会場(グループA)はセルビアがチリを2勝1敗で、パース会場(グループB)はスペインが日本を3勝0敗で、シドニー会場(グループE)ではポーランドがオーストリアを2勝1敗で下し、それぞれ勝利をおさめた。

 ATPカップは24ヵ国が4チームによる6グループに分れて総当たり戦を行い、各グループの1位と、2位の中でもっとも成績のいい2チームが決勝トーナメントに進出して優勝チームを決定する。試合はシングルス2試合(ベスト・オブ・3セットマッチ)とダブルス1試合(第3セット10ポイントマッチタイブレーク)で争われる。

 日本はラウンドロビンを2勝1敗で終えたが、グループ2位の中での成績で上位2チームに入ることができなかったため予選リーグ敗退が決まった。

ATPカップ開催中、日本戦含む16試合をCSテレ朝チャンネルで生中継!

ラウンドロビン第3戦|1月8日(水)

グループA|セルビア(3勝)2-1 チリ(3敗)

R1 ○ドゥサン・ラヨビッチ 6-2 7-6(3) ●ニコラス・ジャリー
R2 ○ノバク・ジョコビッチ 6-3 6-3 ●クリスチャン・ガリン
R3 ●ニコラ・カシッチ/ビクトル・トロイツキ 3-6 6-7(2) ○ニコラス・ジャリー/アレハンドロ・タビロ

グループB|スペイン(3勝)3-0 日本(2勝1敗)

R1 ○ロベルト・バウティスタ アグート 6-2 6-4 ●添田豪(GODAI)
R2 ○ラファエル・ナダル 7-6(4) 6-4 ●西岡良仁(ミキハウス)
R3 ○パブロ・カレーニョ ブスタ/ラファエル・ナダル 7-6(5) 4-6 [10-6] ●マクラクラン勉(日本)/添田豪(GODAI)

グループE|オーストリア(1勝2敗)1-2 ポーランド(1勝2敗)

R1 ●デニス・ノバク 7-5 6-7(3) 3-6 ○カツペル・ジュク
R2 ●ドミニク・ティーム 6-3 4-6 6-7(5) ○ホベルト・ホルカシュ
R3 ○オリバー・マラック/ユルゲン・メルツァー 6-7(3) 6-3 [11-9] ●ホベルト・ホルカシュ/ルーカシュ・クボト

※写真はラファエル・ナダル(スペイン/左)と西岡良仁(ミキハウス/右)
PERTH, AUSTRALIA - JANUARY 08: Rafael Nadal of Team Spain shakes hands with Yoshihito Nishioka of Team Japan after winning his singles match during day six of the 2020 ATP Cup Group Stage at RAC Arena on January 08, 2020 in Perth, Australia. (Photo by Paul Kane/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.