オーストラリア・ブリスベンで開催されている「ブリスベン国際」(WTAプレミア/1月6~12日/賞金総額150万ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で、 第8シードのマディソン・キーズ(アメリカ)がサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を7-5 6-3で倒し、2回戦で勝利を挙げたアメリカ人のひとりとなった。

 ストーサーは月曜日に元世界ランク1位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を倒し、ブリスベンではここ7年で2度目となる1回戦突破を果たしていた。

 2017年USオープン準優勝のキーズに対してストーサーは先にブレークを果たしたが、キーズは次のゲームですぐにブレークバックし、さらに第12ゲームで再度ブレークして第1セットをつかんだ。

 キーズは第2セットの出だしにまたもブレークに成功し、77分で勝利をものにした。

「言うまでもなく、サムは素晴らしいサーブとフォアの持ち主だし、スライスをうまく使ってくるので本当にやりにくい相手だわ」とキーズは振り返った。「過去の経験からそれはわかっていた。私はただ、過去には私のほうがあまりいい仕事をしていなかったと感じていたの」。

 敗れたストーサーは、来週のホバート国際でオーストラリアン・オープンのための準備を続けることになる。

 この試合に先立ち、アリソン・リスク(アメリカ)がバーボラ・ストリコバ(チェコ)を6-3 6-4で下し、ダニエル・コリンズ(アメリカ)はユリア・プティンセバ(カザフスタン)を6-1 6-0で圧倒していた。

 世界1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)は1回戦をBYEで免除されているため木曜日までシングルスの試合はないが、ダブルスではすでに決勝進出まであと1勝と迫っている。

 キキ・バーテンズ(オランダ)とチームを組むバーティは、第2シードのニコール・メリカ(アメリカ)/シュー・イーファン(中国)を1時間もかけずに6-3 6-2で倒した。

 バーティは木曜日のシングルス2回戦で、予選勝者のジェニファー・ブレイディ(アメリカ)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はマディソン・キーズ(アメリカ)
BRISBANE, AUSTRALIA - JANUARY 08: Madison Keys of the USA celebrates victory in her match against Samantha Stosur of Australia during day three of the 2020 Brisbane International at Pat Rafter Arena on January 08, 2020 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.