•  住友ゴム工業(株)は、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)とニコラス・バシラシビリ(ジョージア)の2名とダンロップテニスウェア使用契約を締結した。1月3日からオーストラリアで開催されている男子テニス世界国別対抗戦「ATPカップ」から着用している。

    ATPカップ開催中、日本戦含む16試合をCSテレ朝チャンネルで生中継!

     アンダーソンは、ウインブルドンとUSオープンのファイナリストで、2016年から男子プロテニスツアーであるATPの選手会副会長を務めている。ツアー優勝歴6回。またバシラシビリは、現在世界ランク26位で、2018年にはジョージア出身の選手として初めてツアー優勝を果たし、現在までに3勝
    を挙げている。

     住友ゴム工業は、ダンロップブランドのテニスアパレルをグローバル統一デザインで2020年春夏モデルから新展開する。日本を含めたアジアと欧州、豪州で限定販売し、2020年秋冬モデルではラインナップを拡大し本格販売する予定。

    情報提供◎住友ゴム工業

    ※トップ写真はケビン・アンダーソン(左)とニコラス・バシラシビリ(右)(いずれもGetty Images)

    This article is a sponsored article by
    ''.