ATPツアー公式戦の「カタール・エクソンモービル・オープン」(ATP250/カタール・ドーハ/1月6~11日/賞金総額146万5260ドル/ハードコート)の男子シングルス準々決勝で、ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)が予選勝者のマートン・フクソービッチ(ハンガリー)を6-2 6-0で下し、ベスト4進出を決めた。試合時間は55分。

 キツマノビッチは準決勝で、第2シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)とピエール ユーグ・エルベール(フランス)の勝者と対戦する。この試合は第1セット1-1の時点で降雨により中断し、翌日に再開されることになった。

 そのほかの試合では、第1シードのスタン・ワウリンカ(スイス)とアルヤズ・ベデネ(スロベニア)の試合は開始早々に中断し、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と予選勝者のコランタン・ムーテ(フランス)の対戦は翌日に延期された。

 金曜日には順延となった準々決勝残り3試合のあと、準決勝2試合が行われる予定となっている。

※写真は昨年のシンシナティの大会でのミオミル・キツマノビッチ(セルビア)
MASON, OHIO - AUGUST 14: Miomir Kecmanovic of Serbia celebrates a point against Alexander Zverev of Germany during the Western & Southern Open at Lindner Family Tennis Center on August 14, 2019 in Mason, Ohio. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.