今年新設された世界テニス国別対抗戦「ATPカップ」(オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/1月3~12日/賞金総額1500万ドル/ハードコート)の大会8日目のナイトセッションはシドニー会場で準々決勝「ベルギー対スペイン」が行われた。

 ラファエル・ナダル(スペイン)は昨年7月以降でわずか2度目となる敗戦を喫し、ダブルスでもスペインの同大会敗退を意味したまたもの敗戦まであと2ポイントと迫った。

 しかしその金曜日、シングルスでダビド・ゴファン(ベルギー)に4-6 6-7(3)で敗れたあと、世界1位のナダルはパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と組んで勝敗のかかったダブルスをスーパータイブレークの末に制したのだ。午前1時過ぎに決まったその勝利のおかげで、スペインはオーストラリアの待つ準決勝へと駒を進めた。

「ダビドは素晴らしい試合をした。僕より上だった。僕は今日、フィジカル的にすごく苦しんでいた。湿度がすごく高かったからね」とナダルは振り返った。「でも同時に、僕らは準々決勝をプレーするのに最悪のポジションにいたと言っても過言ではないと思う。なぜって、僕らはパースから来たからだ。時差が3時間あって気候も変わった中、ここ(シドニー)で10日もプレーしていたチームと対戦したのだから」。

 スペインのグループ戦会場だったパースは東海岸のシドニーから大陸を完全に横切った西海岸にあり、2都市の間は約3700kmも離れている。

「そして今日は湿度が高く、コンディションは非常に重かった。だから僕らはたぶん、この対戦をプレーするのに最悪の状況にいたんだ。最終的に準決勝に至るための道を見つけ出したことを、ものすごくうれしく思う。明日はまた、別の日だ」

ATPカップ開催中、日本戦含む16試合をCSテレ朝チャンネルで生中継!

 もうひとつの準々決勝で、世界ランク2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)はデニス・シャポバロフ(カナダ)に4-6 6-1 7-6(4)で挽回勝ちし、セルビアをロシアに対する準決勝へと導いた。

 その試合に先立ちドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)がフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)を6-4 6-2で倒していたため、ジョコビッチの勝利でダブルス前にセルビアの準決勝進出が決まった。セルビアはダブルスにも勝ち、結局3勝0敗で対戦を締めくくった。

 そのあとに行われたスペイン対ベルギーの第1シングルスで、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)はぎりぎりになってプレーヤー兼キャプテンを務めるスティーブ・ダルシー(ベルギー)の代役を任されたキマー・コペヤンス(ベルギー)を6-1 6-4のストレートで下した。

 ナダルはここまでパースでの同大会グループ戦のシングルスで一度もセットを落としていなかったが、この日はのびのびとスイングして鋭いショットを打ち続けるゴファンを崩すことができなかった。

 シングルスでのナダルはときに疲れているように見え、サンダー・ジレ/ヨラン・ビリゲン(ベルギー)に対するダブルスでもタイブレークの末に第1セットを落とした。ベルギーは第2セット5-4からのカレーニョ ブスタのサービスゲームで勝利まであと2ポイントと迫ったが、スペインは巻き返してキープすると次のゲームで重要なブレークを果たした。ボレーしたビリゲンのラケットがネットを超えたと判断した審判が判定を覆し、スペインはそれで得たブレークポイントをものにして6-5とリードを奪ったのだ。それからナダルが次のゲームをキープし、スペインがセットオールに持ち込んだ。

 最後にはナダルの大舞台での経験が、スペインが6-7(7) 7-5 [10-7]の勝利をつかむ助けとなった。ウインブルドン準決勝でロジャー・フェデラー(スイス)に敗れてから1試合しか落としていなかった(それはATPファイナルズのラウンドロビンでのアレクサンダー・ズベレフに対する敗戦だった)ナダルは、この日のシングルスで当然勝つだろうと思われていた。

 世界11位のゴファンはこの難関に果敢に挑み、チャンスがあるたびに逃さず攻め、対戦相手のオプションをことごとくつぶした。

「ラファと対戦するというのは、常に大きなことだ。大きなスタジアムのナイトセッションで、国のためにプレーしているときには一層そうだよ」とゴファンは語った。「我々は0勝1敗で、僕はコートに足を踏み入れて戦い、自分のベストのテニスをプレーするためにできることを見せようと努めなければならなかった。攻撃し、自分のラインから離れず、主導権を握るようアグレッシブにプレーするよう努めなければならなかった。それが、僕がやったことだ。このような試合、ラファに勝つというのは、僕にとって本当に大きなことだよ」。

(APライター◎ジョン・パイ/構成◎テニスマガジン)

※写真は決勝進出を決めたスペイン代表チーム
SYDNEY, AUSTRALIA - JANUARY 10: Pablo Carreño Busta and Rafael Nadal of Spain celebrate with team mates after winning their quarter final doubles match against Sander Gille and Joran Vliegen of Belgium day eight of the 2020 ATP Cup at Ken Rosewall Arena on January 10, 2020 in Sydney, Australia. (Photo by Mark Metcalfe/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.