今季のWTAツアー開幕戦のひとつとなる「ブリスベン国際」(WTAプレミア/オーストラリア・ブリスベン/1月6~12日/賞金総額150万ドル/ハードコート)の女子シングルス準決勝で、マディソン・キーズ(アメリカ)は第1セットを落として第2セットでも先にブレークを許したが、そこから挽回してウインブルドン優勝歴2回で第6シードのペトラ・クビトバ(チェコ)を3-6 6-2 6-3で下した。

 第8シードのキーズは決勝で、前年度覇者のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と対戦する。第2シードのプリスコバはもう一つの準決勝で、マッチポイントを凌いだ末にオーストラリアン・オープン女王の大坂なおみ(日清食品)を6-7(10) 7-6(3) 6-2で倒した。

WTAツアー2020(ブリスベン、深圳)|PHOTOアルバム

 試合後にキーズは、コーチのフアン・トデロ氏との会話が流れを変える役に立ったと明かした。

「彼はただ、『がっかりするな』と言ったの」とキーズは話した。「私は勝つチャンスはあると感じていたけど、それらを取りきることができなかったわ…。でもひとたびそれをやったら、勢いが行ったりきたりしていると感じ始め、自信を得ることができたの」。

 プリスコバは今大会において、ここ4年で3度目のタイトルを狙っている。

 第3シードの大坂は第1セットをタイブレークの末に取ったあと、第2セットで初めてブレークに成功して6-5とリードした。しかし彼女は次の自分のサービスゲームでマッチポイントを掴んだにも関わらずキープすることができず、せっかくのブレークを生かすことができなかった。

「第1セットのあとは本当に悪い方向にいきそうになっていたから、自分が食い下がって彼女についていったことを誇りに思ったわ」とプリスコバは振り返った。「私はそれほどまずいことをやっていた訳ではなく、問題は彼女の方がよいプレーをしていたということだったのよ」。

 世界ランク1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)はブリスベンのシングルスで初戦敗退しはしたものの、ダブルスで決勝に至ることで貴重なコート上でのプレー時間を得ることができている。彼女とパートナーのキキ・バーテンズ(オランダ)は日曜日、第1シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はマディソン・キーズ(アメリカ)
BRISBANE, AUSTRALIA - JANUARY 11: Madison Keys of the USA celebrates victory in her semi final match against Petra Kvitova of The Czech Republic during day six of the 2020 Brisbane International at Pat Rafter Arena on January 11, 2020 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.