ATPツアー公式戦の「カタール・エクソンモービル・オープン」(ATP250/カタール・ドーハ/1月6~11日/賞金総額146万5260ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第2シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が予選から勝ち上がってきたコランタン・ムーテ(フランス)を6-2 7-6(3)で下し、全試合ストレート勝利で優勝を果たした。試合時間は1時間26分。

 22歳のルブレフがATPツアーのシングルスでタイトルを獲得したのは、昨年10月のモスクワ(ATP250/室内ハードコート)に続いて通算3度目となる。この結果でツアー決勝での戦績は、3勝2敗となった。

 両者は今回が初対戦。ツアーレベルの大会の本戦でプレーするのが今回で22回目だった20歳のムーテは、2018年2月のキト(ATP250/クレーコート)で8強入りしたのがこれまでの最高成績だった。

 今大会でのルブレフは、初戦となった2回戦でミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を6-4 6-2で、準々決勝でピエール ユーグ・エルベール(フランス)を6-4 6-3で、準決勝ではミオミル・キツマノビッチ(セルビア)を6-3 6-1で破って決勝進出を決めていた。

※写真は男子シングルス優勝のアンドレイ・ルブレフ(ロシア/右から2人目)と準優勝のコランタン・ムーテ(フランス/左端)
DOHA, QATAR - JANUARY 11: Andrey Rublev of Russia celebrates with the trophy following the singles final match against Corentin Moutet of France during day six of the ATP Qatar ExxonMobil Open at Khalifa International Tennis and Squash Complex on January 11, 2020 in Doha, Qatar. (Photo by Quality Sport Images/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.