ATPツアー下部大会の「BNPパリバ・ニューカレドニア国際」(チャレンジャー90/ニューカレドニア・ヌメア/1月6~12日/賞金総額8万1240ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第4シードの杉田祐一(三菱電機)はノーシードから勝ち上がってきたJ.J.ウルフ(アメリカ)に2-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間5分。

 決勝は日曜日に始まったが降雨により開始早々に中断し、翌日に再開された。

 チャレンジャー大会で杉田が決勝に進出したのは昨年11月の兵庫(チャレンジャー80/室内ハードコート)以来で20回目だったが、戦績は11勝9敗となった。

 今大会での杉田は、初戦となった2回戦で守屋宏紀(北日本物産)を4-6 6-4 6-3で、3回戦でマルコ・トゥルンヘリッティ(アルゼンチン)を2-6 6-4 7-6(8)で、準々決勝で第9シードのマルティン・クーリザン(スロバキア)を6-1 6-2で、準決勝では第12シードのセドリック マルセル・ステッベ(ドイツ)を7-5 4-6 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 杉田はトゥルンヘリッティとのペアでダブルスにも出場していたが、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のユーゴ・ガストン/アロルド・マヨ(ともにフランス)に1-6 6-2 [4-10]で敗れていた。

2020年海外ツアー日本人選手:男子|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

日本人選手の結果

男子シングルス決勝

●9杉田祐一(日本/三菱電機)[4] 2-6 2-6 ○61J.J.ウルフ(アメリカ)

男子シングルス準決勝

○9杉田祐一(日本/三菱電機)[4] 7-5 4-6 6-3 ●9セドリック マルセル・ステッベ(ドイツ)[12]

男子シングルス準々決勝

○9杉田祐一(日本/三菱電機)[4] 6-1 6-2 ●25マルティン・クーリザン(スロバキア)[9]

男子シングルス3回戦

○9杉田祐一(日本/三菱電機)[4] 2-6 6-4 7-6(8) ●22マルコ・トゥルンヘリッティ(アルゼンチン)

男子シングルス2回戦

○9杉田祐一(日本/三菱電機)[4] 4-6 6-4 6-3 ●19守屋宏紀(日本/北日本物産)

男子シングルス1回戦

○19守屋宏紀(日本/北日本物産)7-5 6-3 ●20マリオ・ビエラ マルチネス(スペイン)

男子ダブルス1回戦

●7杉田祐一/マルコ・トゥルンヘリッティ(三菱電機/アルゼンチン)1-6 6-2 [4-10] ○8ユーゴ・ガストン/アロルド・マヨ(フランス)[WC]

※写真は昨年の楽天ジャパンオープンでの杉田祐一(三菱電機)
撮影◎小山真司 / SHINJI OYAMA


This article is a sponsored article by
''.