•  WTAツアー公式戦の「ホバート国際」(オーストラリア・タスマニア州ホバート/1月13~18日/賞金総額27万5000ドル/ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、オクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)/加藤未唯(ザイマックス)はナディヤ・キッシャノック(ウクライナ)/サーニャ・ミルザ(インド)に6-2 6-7(3) [3-10]で敗れた。試合時間は1時間41分。

     元ダブルス世界ランク1位のミルザは妊娠と出産のためにツアーから離れており、この試合が復帰第1戦だった。

    WTAツアー2020(ブリスベン、深圳、ホバート)|PHOTOアルバム

     加藤とカラシニコワは、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。加藤が前週の深圳(WTAインターナショナル/ハードコート)にシャロン・フィッチマン(カナダ)と組んで参戦し、4強入りしていた。

     キッシャノック/ミルザは準々決勝で、バニア・キング/クリスティーナ・マクヘイル(ともにアメリカ)と対戦する。キング/マクヘイルは1回戦で、第4シードのジョルジーナ・ガルシア ペレス/サラ・ソリベス トルモ(ともにスペイン)を6-2 7-5で下しての勝ち上がり。

     そのほかの日本勢は二宮真琴(橋本総業ホールディングス)がレナタ・ボラコバ(チェコ)とのコンビでダブルスに第3シードで出場しており、初戦の対戦相手はワイルドカード(主催者推薦枠)のリゼット・カブレラ/サマンサ・ストーサー(ともにオーストラリア)となっている。

     二宮はシングルスの予選に出場していたが、1回戦で第2シードのオンス・ジャバー(チュニジア)に2-6 1-6で敗れていた。

     ホバート国際はWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

    ※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

    予選結果|日本人選手

    予選1回戦

    ●6二宮真琴(日本/エディオン)2-6 1-6 ○5オンス・ジャバー(チュニジア)[2]

    上位出場選手シード順位|シングルス

    エリース・メルテンス(ベルギー)[1]
    ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)[2/WC]
    エレナ・リバキナ(カザフスタン)[3]
    ジャン・シューアイ(中国)[4]

    ※写真はサーニャ・ミルザ(インド)
    HOBART, AUSTRALIA - JANUARY 14: Sania Mirza of India plays a forehand shot during her first round doubles match on day four of the 2020 Hobart International at the Domain Tennis Centre on January 14, 2020 in Hobart, Australia. (Photo by Steve Bell/Getty Images)

    This article is a sponsored article by
    ''.