WTAツアー公式戦の「ホバート国際」(WTAインターナショナル/オーストラリア・タスマニア州ホバート/1月13~18日/賞金総額27万5000ドル/ハードコート)の女子ダブルス1回戦で、第3シードの二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/レナタ・ボラコバ(チェコ)はワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したリゼット・カブレラ/サマンサ・ストーサー(ともにオーストラリア)に2-6 6-3 [5-10]で敗れた。試合時間は1時間10分。

 ボラコバと二宮のコンビは、今回が14回目のダブルス出場。2017年のウインブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)では、同ペアで4強入りを果たした。

WTAツアー2020(ブリスベン、深圳、ホバート)|PHOTOアルバム

 二宮は前週のオークランド(WTAインターナショナル/ハードコート)に日比野菜緒(ブラス)と組んで参戦していたが、1回戦でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)/カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)に2-6 4-6で敗れていた。

 カブレラ/ストーサーは準々決勝で、キルステン・フリプケンス/アリソン・バン ウィトバンク(ともにベルギー)とカテリーナ・コズロワ(ウクライナ)/マグダ・リネッテ(ポーランド)の勝者と対戦する。

※写真は2017年の東レPPOでの二宮真琴(手前)/レナタ・ボラコバ(橋本総業ホールディングス/チェコ)
TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 20: Makoto Ninomiya of Japan and Renata Voracova of Czech Republic competes against Naomi Osaka and Mari Osaka of Japan during women's doubles match day three of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 20, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Koji Watanabe/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.