ATPツアー公式戦の「ASBクラシック」(ニュージーランド・オークランド/1月13~18日/賞金総額61万10ドル/ハードコート)の男子ダブルス1回戦で、ルーク・バンブリッジ(イギリス)/マクラクラン勉(日本)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)/アジート・ライ(ニュージーランド)を6-3 7-5で破り、同ペアでの今季初戦を勝利で飾った。試合時間は1時間8分。

 昨年8月にチームを結成したマクラクランとバンブリッジのコンビは、今大会が10度目のダブルス出場。9月のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では、8強入りしていた。

 マクラクランは昨年のオークランドではヤン レナード・ストルフ(ドイツ)とのペアで参戦し、2018年10月の東京(ATP500/室内ハードコート)に続くコンビ2勝目を挙げていた。

 バンブリッジ/マクラクランは準々決勝で、第3シードのロハン・ボパンナ(インド)/ヘンリー・コンティネン(フィンランド)と対戦する。ボパンナ/コンティネンは1回戦で、ワイルドカードのキャメロン・ノリー(イギリス)/レット・パーセル(ニュージーランド)を6-4 6-2で下しての勝ち上がり。

 そのほかの日本勢はシングルス予選に2人が出場していたが、伊藤竜馬(北日本物産)が予選決勝で、関口周一(Team REC)は初戦で敗れた。

 ASBクラシックはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

ASBクラシック2020|PHOTOアルバム

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Altは繰り上がり出場

予選結果|日本人選手

シングルス予選決勝

●4伊藤竜馬(日本/北日本物産)[7] 2-6 2-6 ○2マイケル・モー(アメリカ)[Alt]

シングルス予選1回戦

○4伊藤竜馬(日本/北日本物産)[7] 6-3 4-6 6-4 ●3関口周一(Team REC)

上位出場選手シード順位|シングルス

ファビオ・フォニーニ(イタリア)[1]
デニス・シャポバロフ(カナダ)[2]
カレン・ハチャノフ(ロシア)[3]
ジョン・イズナー(アメリカ)[4]

※写真はルーク・バンブリッジ(左)/マクラクラン勉(イギリス/日本)
AUCKLAND, NEW ZEALAND - JANUARY 15: Luke Bambridge of Great Britain and Ben McLachlan of Japan in action against Ajeet Rai of New Zealand and Mackenzie McDonald of the USA in their doubleds match during day three of the 2020 Men's ASB Classic at ASB Tennis Centre on January 15, 2020 in Auckland, New Zealand. (Photo by Phil Walter/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.