今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/予選1月14日~、本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の女子予選1回戦で、第27シードの奈良くるみ(安藤証券)がヤナ・セペロバ(スロバキア)の途中棄権で初戦を突破した。
 
 第1セットを奈良が6-4で先取したあと、第2セットも3-0とリードした時点でセペロバがリタイアした。試合時間は54分。

 この日は雨天により、女子の試合は6試合しか終了しなかった。

 奈良は2回戦で、ダニエル・ラオ(アメリカ)と対戦する。ラオは1回戦で、ベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)を6-2 7-6(4)で下しての勝ち上がり。

 日比万葉(グラムスリー)はマグダレナ・フレッヒ(ポーランド)と対戦したが、日比から6-2 4-6 0-1の時点で降雨により順延となった。また、第2シードの日比野菜緒(ブラス)と内藤祐希(亀田製菓)の1回戦は、それぞれ翌日に延期された。

 オーストラリアン・オープン予選は男女とも128ドローで争われ、3回勝ち上がった各16名が本戦への出場権を手にする。予選は1月17日(金)までの4日間にわたって行われる予定。

 予選3日目の1月16日(木)は現地時間10時00分から、男女の予選1回戦残り試合と2回戦が行われる予定となっている。

※コート番号は試合が予定されているコート、名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Ret.は途中棄権
(試合予定は状況により変更されることがあります)

予選2日目の試合結果|日本人選手:女子

9日比野菜緒(日本/ブラス)[2] 延期 10リャン・エンシュオ(台湾)

○56奈良くるみ(日本/安藤証券)[27] 6-4 3-0 Ret. ●55ヤナ・セペロバ(スロバキア)

15内藤祐希(日本/亀田製菓)延期 16アンナ レナ・フリードサム(ドイツ)[25]

52日比万葉(日本/グラムスリー)6-2 4-6 0-1 順延 51マグダレナ・フレッヒ(ポーランド)

女子予選2回戦の組み合わせ|日本人選手

56奈良くるみ(日本/安藤証券)[27] vs 54ダニエル・ラオ(アメリカ)

126村松千裕(日本/グラムスリー)vs 127アントニア・ロットナー(ドイツ)

予選3日目の試合予定|日本人選手:女子

1537アリーナ

第1試合 WS-Q1R 9日比野菜緒(日本/ブラス)[2] vs 10リャン・エンシュオ(台湾)

Court7

第1試合 WS-Q1R 15内藤祐希(日本/亀田製菓)vs 16アンナ レナ・フリードサム(ドイツ)[25]

Court11

第3試合 WS-Q1R 52日比万葉(日本/グラムスリー)6-2 4-6 0-1 順延 51マグダレナ・フレッヒ(ポーランド)

コート未定:18時00分以降

126村松千裕(日本/グラムスリー)vs 127アントニア・ロットナー(ドイツ)

※写真は予選2日目の会場の様子
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 15: Heavy rain falls ahead of the 2020 Australian Open at Melbourne Park on January 15, 2020 in Melbourne, Australia. (Photo by Darrian Traynor/Getty Images)


This article is a sponsored article by
''.