ATPツアー公式戦の「ASBクラシック」(ATP250/ニュージーランド・オークランド/1月13~18日/賞金総額61万10ドル/ハードコート)の男子ダブルス準々決勝で、ルーク・バンブリッジ(イギリス)/マクラクラン勉(日本)が第3シードのロハン・ボパンナ(インド)/ヘンリー・コンティネン(フィンランド)を6-3 6-4で退け、ベスト4進出を果たした。試合時間は59分。

 昨年8月にチームを結成したマクラクランとバンブリッジのコンビは、今大会が10度目のダブルス出場。9月のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では、8強入りしていた。前日に行われた1回戦では、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)/アジート・ライ(ニュージーランド)を6-3 7-5で破って勝ち上がっていた。

ASBクラシック2020|PHOTOアルバム

 マクラクランは昨年のオークランドではヤン レナード・ストルフ(ドイツ)とのペアで参戦し、2018年10月の東京(ATP500/室内ハードコート)に続くコンビ2勝目を挙げていた。

 バンブリッジ/マクラクランは準決勝で、サンダー・ジレ/ヨラン・ビリゲン(ともにベルギー)と対戦する。ジレ/ビリゲンは準々決勝で、ディビジ・シャラン(インド)/オーサム・シタック(ニュージーランド)を5-7 7-6(3) [11-9]で下しての勝ち上がり。

※写真は昨年のUSオープンでのルーク・バンブリッジ(右)/マクラクラン勉(イギリス/日本)
撮影◎毛受亮介 / RYOSUKE MENJU


This article is a sponsored article by
''.