今年最初のグランドスラム「オーストラリアン・オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月20日~2月2日/ハードコート)の男女シングルスのドローが発表され、男子シングルスに本戦から出場する日本勢4人の初戦の対戦相手が決まった。

 西岡良仁(ミキハウス)がラスロ・ジェレ(セルビア)と、内山靖崇(北日本物産)がミカエル・イーメル(スウェーデン)と、杉田祐一(三菱電機)とワイルドカード(主催者推薦枠)で出場権を得た伊藤竜馬(北日本物産)はそれぞれ予選勝者と対戦することになった。

 昨年の大会で8強入りした世界ランク17位の錦織圭(日清食品)は、手術した右肘の回復が万全でないため出場を取り消した。

 男子のトップシードは前年の準優勝者で2009年に続く2度目の栄冠を目指すラファエル・ナダル(スペイン)、大会記録となる7度の優勝を誇り大会連覇に挑むノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シード、過去6度タイトルを獲得した実績を持つロジャー・フェデラー(スイス)が第3シード、昨年のUSオープンで準優勝だったダニール・メドベージェフ(ロシア)は第4シードとなっている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

男子シングルス|シード選手と日本人選手1回戦組み合わせ

1ラファエル・ナダル(スペイン)[1]

8パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)[27]

------

9ニック・キリオス(オーストラリア)[23]

13内山靖崇(日本/北日本物産)vs 14ミカエル・イーメル(スウェーデン)

16カレン・ハチャノフ(ロシア)[16]

------

17ガエル・モンフィス(フランス)[10]

24フェリックス ・オジェ アリアシム(カナダ)[20]

------

25テイラー・フリッツ(アメリカ)[29]

32ドミニク・ティーム(オーストリア)[5]

----------

33ダニール・メドベージェフ(ロシア)[4]

40ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)[28]

------

41ジョン・イズナー(アメリカ)[19]

48スタン・ワウリンカ(スイス)[15]

------

49ダビド・ゴファン(ベルギー)[11]

53杉田祐一(日本/三菱電機)vs 54予選勝者

56アンドレイ・ルブレフ(ロシア)[17]

------

57ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)[26]

64アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[7]

----------

65マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)[8]

72ボルナ・チョリッチ(クロアチア)[25]

------

73ギド・ペラ(アルゼンチン)[22]

80ファビオ・フォニーニ(イタリア)[12]

------

81デニス・シャポバロフ(カナダ)[13]

88グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)[18]

------

89ホベルト・ホルカシュ(ポーランド)[31]

96ロジャー・フェデラー(スイス)[3]

----------

97ステファノス・チチパス(ギリシャ)[6]

104ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[32]

------

105ブノワ・ぺール(フランス)[21]

112ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)[9]

------

113ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[14]

120ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)[24]

------

121ダニエル・エバンズ(イギリス)[30]

123西岡良仁(日本/ミキハウス)vs 124ラスロ・ジェレ(セルビア)

125伊藤竜馬(日本/北日本物産)[WC] vs 126予選勝者

128ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2]

※写真はATPカップでの西岡良仁(ミキハウス)
PERTH, AUSTRALIA - JANUARY 06: Yoshihito Nishioka of Team Japan celebrates winning a game against Nikoloz Basilashvili of Team Georgia during day four of the 2019 ATP Cup Group Stage at RAC Arena on January 06, 2020 in Perth, Australia. (Photo by Paul Kane/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.